青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

坂元裕二『さよならぼくたちのようちえん』


主演は『MOTHER』の芦田愛菜、『それでも、生きてゆく』『Woman』の満島ひかりも出演。もはや信頼しか寄せていない坂元裕二、当然のように素晴らしい作品だった。少年達が「死体探し」の為に線路をつたい旅に出るスティーブン・キングの小説もしくはロブ・ライナーの映画『スタンド・バイ・ミー』の換骨奪胎、登場人物を幼稚園生に置き換えたロードムービーに仕上がっている。『スタンド・バイ・ミー』同様に”死”の匂いは濃厚だ。バスでのいしだあゆみ扮する老婆、怪しく光るデコトラック、交通事故現場の花束、死体で発見される少女、捨て猫、ホームレス・・・そして、カンナ(芦田愛菜)の父親の不在。芦田愛菜主演作としては、どう考えて歪なモチーフが散乱している。


彼女達が大人の目を盗み旅に出る理由は、病によって”死”を宣告された同級生ヒロムに”さよなら”を言うためだ。カンナは、ヒロムが忘れていった青色のクレヨンを届けるという使命も持っている。この”青”が物語の重要なキーワードとなっており、それを軸に繊細な色の演出が施されている。ヒロムは黒い夜(死の暗示)の恐怖に飲み込まれそうになった時、ゴッホの『星月夜』の”青い夜“を想う。その事を知っていたカンナは、

死ぬと真っ暗な夜の世界にいくけど、
“青い夜”ならきっとヒロム君は怖がらなくてすむでしょ

と、ヒロムに青いクレヨンを届けようと試みるのだ。黒い夜を塗りつぶしてしまえるように。しかし、子供だけの冒険は思うようには進まない。途中で、青いクレヨンは、列車に轢かれ砕けてしまう。道中では、イチゴを盗み食いしたり、鼻血を出したり、パトーカーのサイレンに追われたり、赤い服を着た少女の誘拐事件に翻弄とされたり、と執拗に”青”の反対である”赤”の演出が施さされていく。また、間に挿入される、とうもろこしや凧の色に目を向けてみるとそれは中間の”黄色”を宿している。ラスト、何とか病室に1人辿り着いたカンナは、砕けてしまった青いクレヨンのかわりに、キャンディーを差し出す。何故か?キャンディーの包み紙である青色のセロファンだ。そのセロファンを通して、ヒロムが窓の外を眺める。そこに広がっているのは「青い夜」だろう。素晴らしい。なんとも美しく、繊細な脚本である。このドラマが青い夜を眺めるショットで終わっていれば、とてつもなく泣けて終わるわけだが、さすがにそうともいかず、卒園式当日に、ヒロムから幼稚園に手術の成功を伝えるFAXが届く。後味を柔らかくする為だろうけども、どう考えても物語上、ヒロムは死んでいる。その証拠に、ラストの集合写真を思い出して欲しい。その場に居ないヒロムは、似顔絵を友人に掲げられている。その構図は遺影に他ならないだろう。つまり、あのFAXもまた、坂元作品でお馴染の「届かない(はずの)手紙」なのだ。

さよならぼくたちのようちえん [DVD]

さよならぼくたちのようちえん [DVD]