青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

宮藤官九朗『あまちゃん』133話

NHK連続テレビ小説あまちゃん』が133話にして「2011.3.11」を迎えた。

不思議な体験だった。現実には存在しないはずの人々の安否を心配している自分に驚く。我々はこのドラマの登場人物に愛着を持ち過ぎてしまっている。毎日15分という時間を5ヶ月間共有してきたのだ。物語を積み重ねていく事の力を思い知る。あの震災における顔の見えなかった被災者の生活が、家族というものが今では頭に浮かんで来てしまう。これは、フィクションが現実にかくも有効である事の茶の間レベルでの実証だ。これからの『あまちゃん』は、もはや記号へと風化しつつある「3.11」への想像力を再び我々に宿してくれるのではないかしら。5ヶ月かけて物語は「あの日」に進み、私達は同じように5ヶ月かけて「あの日」に戻った。


その為のトンネルだ。トンネルは映像史(とりわけ映画史)においては「境界」であり、また「時空」を超えるための装置である。ビックリしてしまったのだけども、あのトンネルの中をおそるおそる歩く大吉さん(杉本哲太)のショットはまるでトニー・スコット作品におけるデンゼル・ワシントンのようではないか。繋ぐ人だ。思わず涙腺が緩む。そして、後ろから明り照らされる事。その心強さ、美しさにも打たれる。さすが、傑作『その街のこども』(阪神大震災の被害者を描いた作品)

その街のこども 劇場版 [DVD]

その街のこども 劇場版 [DVD]

を撮った井上剛による演出だ。丁寧にカメラの「切り替し」を挟みながら、撮られるトンネル。この「切り替し」こそが、物語が進んでいく事、そして私達が「あの日」に時間を巻き戻していく事、その2つのベクトルの運動を請け負っているように思う。また、トンネルの手前はユイ(橋本愛)やアキ(能年玲奈)が「アイドルになりたい」と叫んだ場所でもあったはずで、それを抜けてみたら、あの風景だったわけだ。


いやーしかし、辛い。正直観るのが辛い。宮藤官九朗が覚悟を持って描いてあろう領域をこちらも覚悟を決めて見届けたい。