青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

Hi,how are you? のライブのこと

Hi,how are you?のライブをついに目撃したのだけども、想像していたのの何倍もよくってすっかりまいってしまった。

1stカセットテープ『MINISTOP DIARY』におけるノイズ混じりのローファイは素晴らしく、「青春」というワードで持って僕の心を捉えていたのだけども、そのローファイに惑わされHi,how are you?の2人の音楽的才能を見誤ってもいたようだ。才能の煌きを感じた。ギターと鍵盤のデュオというビートレスの編成ながら、原田君の歌とギター(とても上手でかっこいいのだ)が跳ね、確かなリズムを発生させているのだ。馬渕さんの鍵盤は、ベタな表現になってしまい申し訳ないのだけど、水彩画のようなタッチで楽曲に色をつけている。快楽のツボを押さえてらっしゃります。そして、何より楽曲のクオリティの高さにうなった。うーん、「お盆」「潮風ちゃん」「熱海」を演奏しているこのライブ動画あたりがその魅力を伝えるのに役立ちますでしょうか。

Hi,how are youの楽曲は、ギター弾き語りというフォーマットが陥りがちな古臭いフォークに留まる事なく、海外のインディーミュージックの感性で日本の古き良き歌謡をリプロデュースしている(ように思う)。言葉と譜割りのもたらす快楽性に強い才能を感じる。公式HPの「BOKULA=NO=LIKE」というコーナーに「ときめきトゥナイト」の動画が貼り付けられているだけはあるのだ。また、原田君の作詞におけるサンプリングセンスもまた天才的だ。新旧問わず、幅広いジャンルからの選択とそのはめ込みの技術。

例えば、「?LDK」における「たま」だとか「マカロニほうれん荘」だとか「サリンジャー」だとか「白線流し」だとか「微笑み返し」だとかが続いた後の、「我あいNEED mmm(ミーマイモー) コメカミに撃ったLOVEMETENDER」にはまいった。「mmm」をもうこんな風に使えるだなんて。で、こういうサンプリングが所謂渋谷系的ネタ使いという感じではなくて、その1つ1つを原田君が本気で愛している、というのがビンビンに伝わってくる所が野暮ったいんだけども、たまらなく愛おしい。原田君は所謂YouTube、MP3育ち、膨大なアーカイブに自宅で気軽にアクセスできる世代というやつだと思うのですが、彼の音楽には、ちゃんと自分の足で歩いた、その「移動」というのが匂っている。そこがいいのだ。