青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

市川春子『宝石の国』1巻

市川春子宝石の国』1巻を読んだ。

宝石の国(1) (アフタヌーンKC)

宝石の国(1) (アフタヌーンKC)

ついに長編デビューという事ですが、端的に言って素晴らしかった。その画力の美しさ、何よりコマ運びと構図、視線の誘導テクニックの独創性は、徐々に我々が追いつけないレベルに到達している。そして、フェティッシュ、というより呪物崇拝と呼ぶのがふさわしい、人ならざる物へのその偏愛と艶めかしい曲線が紡ぎ出すエロティックさ。漫画を芸術の域に高めると共に、それを読むという行為に背徳感を忍ばせる、その両ベクトルへの出力はまるで往年の手塚治虫のようではないか。

そもそも『虫と歌』
虫と歌 市川春子作品集 (アフタヌーンKC)

虫と歌 市川春子作品集 (アフタヌーンKC)

に収録されている表題作が「アフターヌーン四季賞」に登場した時は「高野文子の再来」と狂喜していたわけで、いちいちビッグネームと並び称される作家である。今作においても、「大島弓子萩尾望都のDNAを現代的に再構築して、新しい何かを生み出そうとしている」などという大袈裟で抽象的なうたい文句を付けてしまいたくなるのを許して欲しい。だってこういうのって入口としてはとてもキャッチーでしょ。


市川春子が初めての長編で挑んだのは、なんと世紀末的美少女(?)戦闘モノである。多くのそのジャンルがそうであるように、今作もその戦場は、現実世界、とりわけ少年・少女期の世界のトレースだ。不安、孤独、葛藤、嫉妬にまみれ、自身のスペックを値踏みして、自身の役割というものに懐疑的な、あの頃の精神世界。それはやはり血の流れない戦場だった。あの美しい宝石人達は壊れやすくすぐに粉々になってしまう。そんな所も、あの頃の僕らにソックリだ。そんな戦場で、主人公であるフォスに与えられた仕事は「博物誌」を編纂する事。つまり、この世界を保存する事。何なら、書き換えてしまう事もできる。フォスはつまり市川春子だ。彼女は『宝石の国』という作品でもって、少年・少女期のあの時間を書き換えるつもりに違いないのだ。また、市川春子はフォスに

君にしかできない仕事を僕が必ず見つけてみせるから!

と言わせる。これでもう決まり、傑作に違いないのだ。



月から襲ってくる敵(月人)が何故か菩薩のような姿である事、宝石人の長である金剛先生が坊主のルックをしている事、など謎はまだまだ散りばめられている。宗教的な色合いも帯びていくのだろうか。また、1巻の後半に登場するナメクジ(性別がなく、しかも溶ける)が象徴するように、作中の登場人物には性差の混濁が見られる。作劇における永遠のモチーフ「ボーイ・ミーツ・ガール」のその先へ。「BL」も「百合」も飲み込んで、市川春子は果敢に挑むおつもりなのです。

1巻発売に向けて、宣伝アニメーションが作成される気合の入りっぷり。これは凄い。のわりには、置いてある書店があまりなかったのはもどかしい所です。早く続きが読みたい。