青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

坂元裕二『Woman』1〜3話

坂元裕二脚本、満島ひかり主演の日本テレビ水10ドラマ『Woman』3話まで観賞しました。

2010年の『Mother』

Mother [DVD]

Mother [DVD]

からスタッフを引き継いで制作されているようだ。『Mother』と『Woman』、奇しくも2作共にジョン・レノンの代表的楽曲タイトルである。意図的なのではないかと思う。ジョン・レノンがそうしたように、この2本のドラマは坂元裕二が根本に抱える女性観、その喪失と再生の独白のようなものなのかもしれない。


坂元脚本の『東京ラブストーリー』や『最高の離婚』の終盤においても重要なモチーフとして描かれていた「電車」が、今作では初回から頻出する。電車または列車は、映画史においてもイコールで結んでしまってもいいほど、重要なモチーフである。映画評論家の蓮實重彦

映画作家は路面電車を撮れる人と撮れない人と二分される

という言葉を残している。『Mother』『Woman』で監督を務める水田伸行が映画にも関わる人間である、というのはとりあえず置いておこう。(勿論、テレビドラマとは思えぬ映像美、構図で楽しませてくれている)。坂元裕二は「路面電車」を書ける作家だ。彼はテレビドラマの枠を越え、断片やモチーフで描く域に突入しつつある。『Woman』において列車は、小春(満島ひかり)と信(小栗旬)の出会いの場、家族の出発の場所だ。

出会いのきっかけは「遠き山に日は落ちて」の「鼻歌」つまり「音」であり、そこから「まどいせん」という「家族」のモチーフへ繋がっていく。このイメージの連なり、繋がりの時点で「これがドラマの脚本か」と感動に打ち震える。また、列車は『Woman』において信の命を奪ってもいる。そして、小春ら家族3人の劣悪な住環境に追い打ちるように騒音を振りまいて走る「喪失」の象徴のようでもある。つまり、「列車」は「生」と「死」を運ぶ。こう書いてみると、まるで宮崎駿風立ちぬ』(2013)ではないか、と驚く。1話目の下敷きは明らかに細田守おおかみこどもの雨と雪』(2012)に思えたのだが、まさかの御大とのリンクまで発生している。さて、坂元裕二の「列車」は果たしてどこに辿り着くのだろう。見逃せません!


物語の部分においても、3話にしていよいよ、お得意の「すれ違い」の文法にもギアがかかってきており、グンと面白くなってきております。いつくかの謎も視聴者を掴むいいフックとなっている。「『好き』は消えないんだよ」や「素麺」や「掴み合い」など、過去作のモチーフもふんだんに飛び出す脂の乗り次第。2話の段階では小春が骨髄性の白血病であるかのような描写も飛び出している。上杉紗千(田中裕子)か上杉栞(二階堂ふみ)が移植してどうにかなるというのがまぁ平均的な作家のやり口だと思うのだが、『Woman』においてもそのような展開が観られるかもしれない。しかし、注目したいのは『Mother』において田中裕子が演じた望月葉菜もまた骨髄性白血病で亡くなっている、という点だ。やはり坂元裕二は作品間の枠を超えて「何か」を描き出そうとしている気がしてならない。