青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

下北沢インディーファンクラブ2013

下北沢インディーファンクラブ2013に参加してきました。この都市型フェスも4年目という事で、円熟の趣を見せてまいりました。すなわち超楽しかった。会場も出演アーティストも初年度から凄まじく増加しているわけですが、入場規制もだいぶ緩和されてきたイメージ。観る側のこちらも4年目という事で、だいぶコツを掴んできまして、例年よりスムースに廻る事ができました。今年は自転車で下北沢へ向かった。10キロとちょっとの距離なのですが、日差しが強かったので、バッチリ日焼けして、グロッキーな状態でのスタートとなってしまいました。


トップバッターはGORO GOLO in ERA。今回あえて「観たほうがよいです!」とレコメンドするならGORO GOLOしかいない、と思っていたのだけど、当然のように抜群のかっこよさだったので安心致しました。4ピースの楽器がそれぞれ自由にスウィングしているにも関わらず見事に有機的なグルーヴを見せていて震える。バンドってこういう事だ。そしてその上でおおいに躍動するボスことスガナミユウ。彼が圧倒的な、本当に圧倒的な笑顔をフロアに向ける瞬間に泣く。音楽だな、と思った。完璧なスタートだ。



続いて、あだち麗三郎クワルテット in Club Que。ボーカル、サックスがあだち麗三郎、ピアノに荒内佑、ベースに厚海義朗、ドラムに光永渉という完璧な布陣にゲストでシンセサイザー田中佑司、ダンサー北原倫子という6人編成。ジャズと歌謡が「なんてちゃって」といった感じに絶妙にブレンドされたチェンバーミュージック。完璧なリズム隊の上をヒラヒラと舞うあだちのボーカルと、反して非常にエモーシャルな管の響きに鳥肌が立ちっぱなしだった。何でもない日常が突然、宇宙に繋がるような空間的自由さがあった。2台の鍵盤の味付けも絶妙。この日のベストアクト。「ベルリン・ブルー」の歌詞の「マンハッタンからラプソディー・イン・ブルー」っていう所を聞くといつもアレンの事を想ってしまう。あだち麗三郎のあの崇高さとうさんくささの合わさったいい感じの按排はアレン的と言えなくもない。



グルっと移動して、浦朋恵&ザ・ロッキン・バリトーンズ in Club 251。これは、もう最高でしたね。グッドミュージックの一言。というより豊潤な音楽からの下地を、あそこまで小難しくなく楽しく鳴らしてしまうあの魅力をどう表現すればいいのかわからないので、その一言。浦さんのバルトリンサックスも歌もファットだったなー。ギターのロッキンエノッキーさんもかっこよかった。




ここで休憩。茄子おやじでスペシャルカレーを食べる。美味い、美味い。スペシャルカレー1100円。ランチタイムは珈琲付きで1200円。決して安くはないが、他の有名カレー店に比べると無茶苦茶良心的なお値段で、いつも賞賛したくなります。店内ではサニーデイ・サービスがかかっていた。そういえばここ数年は夏が来ても「サマーソルジャー」を聞いたりしなくなったものだ。



そして、ジオラマシーンin 440。開演25分前から入場規制というよくわからない事が起こる人気っぷりでございました。これはもう無理かしら、とも思いましたが耐えに耐えたら何とか入場する事ができました。前回観た(と言っても2年前)ライブの編成とはちょっと違っており、管楽器がトランペットMC.sirafu、サックスあだち麗三郎の2本。リズム隊が先ほどのクワルテットと同じくベース厚海義朗、ドラム光永渉という鉄壁コンビ。そして、ピアノ伴瀬朝彦に、コーラス中川理沙という編成。まさにインディーオールスター集団。とてもよかった。シラフさんとあだちさんの管楽器の絡み、伴瀬さんの噂通りのモンクのようなピアノプレイに終始ゾクゾクときていた。橋本君の歌は甲高くヘロヘロだったけども、とても歌い人然としていた。何より曲がいい。アーバンでブルーボーイなヤングソウルが炸裂しております。もっとロングセットで観たい!と思ったら、ライブイベント「月刊ウォンブ!」の出演が決まっているそうです。観たいなー。終演後、自転車に飛び乗り、フジロッ久(仮) in 新代田Feverまで爆走兄弟。唯一下北沢から離れた(電車で一駅ですが)このライブハウスをどうスケジュールに組みこむかがインディーファンクラブの鍵となります。自転車なら5分とかからず、「はたらくおっさん」「シュプレヒコール」の演奏に間に合う。この日は歌も演奏も粗っぽく、今までのパンクバンドとしてのフジロッ久(仮)のイメージが強い印象だった。でも、最後の「アナキーインザあらかわ」の盛り上がりを観ていると、バンドと観客のそのエネルギーの循環にジーンと来てしまったな。



17時を過ぎて、そろそろ疲れが顕著に出始める頃合。意識が朦朧としつつ、Daisy BarでHomecomingsを少し観て、シェルターでWedanceと片想い。Wedanceは韓国のバンド。ボーカルの最高のダンスと韓国語の独特な響きが印象的で、とても不思議なライブだった。ネットにはダンサブルガレージロックという記述があったのだけど私は初期の電気グルーヴとか想起してニヤニヤしておりました。片想いは、いい時はもっととてつもなくいいよね、という感じではありましたが、スカイツリーを体現したというダンスを拝む事ができました。むちゃミニマルでしたね。そこから、フィナーレはザ・なつやすみバンド in Club 251で迎える事にしました。2年前がDaisy Bar、1年前がClub Que、そして今年はClub 251でトリ!いや、Club 251ってわりと大き目の会場なのですよ。しかも、曽我部恵一BANDトクマルシューゴcero、ミツメ、どついたるねん、キエるマキュウ、SEBASTIAN X、木下美紗都ジャポニカソングサンバンチなどなど、はっきり言ってどれだって観たい!という感じの激戦区。いや、ちょっと251は厳しいのではないかしら、とか心配して駆け付けたのですが、どっこい、開始前からあわや入場規制か、という勢いでパンパンに埋まっておりました。ここでもう涙腺が緩みました。凄いなー。広がっているのだなー。ライブはポップチューンの連発で最高。「パラード」「サマーゾンビー」「めくらまし」「自転車」「悲しみは僕をこえて」などなど。「サマーゾンビー」改めていい曲過ぎる。

PVも洒落ていて最高。とは言え、ちょっとこのバンドの事は好き過ぎて、「こうあって欲しい」みたいのが勝手に自分の中でできてしまって、最近はそこと現実との軋轢に悩まされたりもしています。音源の「サマーゾンビー」は音質、歌唱等も含めて間違いなくキャリアハイの超絶最高シングルなのですが、1つだけ、「せーの」と「ララララ」は子供の声じゃなくて、メンバー4人の声であって欲しかった、とかね。これは完全に思い入れの域の話なのですけどね。多分、音源で初めて聞く人は、「キッズコーラス最高じゃん!」ってなると思うし。でも、僕はあの4人が「せーの」と声を合わせて始まる所でいつも涙ぐむものですから。まぁ、後、同じような理由で、最近ちょっとライブの音に違和感を抱いていて、何でだろーと考えていたのですが、4人編成+ペダルスティールでの演奏だからだ、と気づきました。ペダルスティールの音色は素敵だし、ザ・なつやすみバンドの音に見事に溶け合っていると思います。でも、個人的には、もっと隙間と言いますか余白が欲しいのです。ギターレスであるバンドの抜け感と、その隙間を埋める4人のアイデアに痺れていたんだなぁ。ない方が軽やかでロックンロールな音で最高なのになー、とか思ってしまう。でも、これも先ほどと同様に、ある方がゴージャスだし、引きは強いと思うので、一概には言えないのです。難しいですね。アンコールのラストで披露された「なつやすみ(終)」に泣く。

見送った君と来年の君が
少し違うのをまた見られるように

全部この曲から始まったし、そんでこれからも続いていくな。ザ・なつやすみバンドは、ガタガタ言う僕を一瞬で黙らせてくれるだけの演奏をこれからも余裕で見せてくれるに違いないのです。期待しております!



帰りの自転車での道程は実に過酷でありました。しかし、こんな事もあろうかと翌日に有給をとっていたので安心なのでした。あーとても楽しかった。下北沢インディーファンクラブは本当にいいイベントだ。街が躍動しているのを感じるのは気持ちがいい。これからも街でやり続けて欲しいです。そうそう、チケットなしで入れるタウンホールでの弾き語りライブやDJもここにだけいてもいいのでは、というラインナップだった。シークレットで浅野忠信がDJで参加。タウンホールで談笑している忠信を見かけたけども、アウラが凄かったです。高橋翔(昆虫キッズ)と川辺素(ミツメ)のデュエットでの「恋人たち」なども披露されたらしい。