青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

car10というバンド


car10という栃木足利のスリーピースバンドがとてもよい。ジャンルでいうとポップパンクだろうか。私はパンクへの教養が皆無に等しいので、類似バンドの羅列のような気の効いた事は全くできないし、それを読んでもわからないわけだけど(しかし、THE LIBERTINESが好きというのは重要な情報である気もします)、音源を聞いて圧倒的に気にいってしまった。何だか色々ルーツはあるのだろうけど、とにかく演奏がかっこいいのだ。風が絶え間なく吹いているようなサウンドがいい。追い風なのか向い風なのかわからないけども(後者であってほしい)、その風に吹かれながらヘロヘロに、投げやりに、歌われるメロディーがいい。態度はふてぶてしいが、言いたい事のある奴の歌だ。とにかく、とても歌心のあるバンドだと思う。レーベルのインフォメーションにもあるが、そのセンチメンタルなメロディーに潰れたローファイな音質も相まって、ベッドルームシンガー達の泣きべそや甘い夢をも想わせる。そして、全てを台無しにするようながなり声コーラス(通称ギャングコーラス)が最高。ハイスタが好きなクラスメイトが全員嫌いだった高校生の私の隣にこんなバンドがいてくれたら、私のパンクの教養は膨れ上がっていた事でしょう。現在、手に入る音源は先日snuffy smilesから発売された『5 songs』という7インチに、昨年リリースのUnderground GovernmentからのPSYKICK UNDERAGEとのスプリットCD。個人的なオススメは、7インチレコードの方です!