青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

大橋裕之『遠浅の部屋』

大橋裕之『遠浅の部屋』を読んだ。

遠浅の部屋

遠浅の部屋

親には「プロボクサーになる」と嘘をついて実家を飛び出し、こっそりと漫画家を目指していた大橋先生の18〜19歳当時を描いた自伝漫画だ。『まんが道』に複雑に絡まった自意識でもってねじれを引き起こすその様は当然、福満しげゆきの『僕の小規模な失敗』を引き合いに出されるであろう。あちらよりはライト、かつキュートなのは大橋先生の人柄か。『シティライツ』で見せた華麗なトーンワークはなりを潜め、原点回帰のようにスカスカで空白の目立つコマ構成だ。空っぽのほうが夢詰め込めるものね。そして、画面に呼応するように、青春漫画でありながらひたすらに王道の展開と密度から逸れていく心地よさ。

俺たちもう終わったんかな 
始まってもないし今後始まることもないだろう

という台詞まで飛び出すほどに、北野武の『キッズリータン』を下敷きにしているのだけども、ボクシングは試合はおろか練習すら数回しか登場しない。なんせボクサーというのは口実でしかないのだから。このねじれまくった謎の生活。しかし、そこに描かれている感情に、私はほぼ100%シンパシーを覚え、揺さぶれてしまう。挨拶したけど声が小さ過ぎて相手に聞こえてなくて怒られるとか、同級生との飲み会で話の輪に加われず、

しまった…俺はこういう場に来ちゃダメな人間だということを忘れていた

と心が折れて二次会に参加できない所とか、やっとついた漫画雑誌の担当に

大橋くんさあテレビとか観る?お笑いとか。もっとちゃんとお笑い観た方がいいよ

と言われて、言葉も出ないほどショックを受ける所とか。私なんて漫画家でも芸人でもないのバイト先で言われた事ありますよ。特に感動的だったのは、宅配の仕分けのバイト中、たまたま「きんさんぎんさん」のぎんさん宛ての荷物を発見してしまうくだり。その発見をどうしても誰に伝えたくて、勇気を振り絞って、会話をした事のないバイト仲間達に話しかける。「よく見つけたねー」くらいのそこそこの反応で、別に言わなくてもよかったな、と思いつつも、「伝える事ができてよかった」と達成感に浸るあのシーンは実に素晴らしい。大橋裕之という作家のコアが形成された瞬間なのではないか、とすら思います。

彼女もいりません いろんなことは妄想で我慢します
だからどうか漫画だけは現実にしてください!お願いします!

なんてエモーショナルな台詞も実にさりげなく登場する。他にもあの特徴的な「目」のタッチに辿りつく過程を知る事ができたり、和田ラヂヲ吉田戦車はた万次郎、かたぎりわかな、小田ドラゴン、清野通といった作家が固有名詞で挙げられ、尊敬やシンパシーを表明する所も大橋裕之ファンとしては楽しい。


終盤、担当のダメ出しから、漫画を書く事が楽しくなくなってしまった大橋青年が、白昼夢の中、少年時代にトリップし、漫画との関係性を再獲得する一連も素晴らしい。そして、担当との連絡を断ち、実家に戻る決意をする。その帰り道、偶然の花火に導かれ、彼は海を見る。海へ行くつもりじゃなかった。作品の序盤、彼は

ダメだ 気持ちがぐちゃぐちゃになりそうだ
あ、海を見に行こう!!

と自転車でがむしゃらに海を目指す。しかし、辿りつく事はできず、引き返す。そうなのだ、青春というねじれにねじれた道は、思うようには進めない。行こうと思っても行けないし、行くつもりがないのに辿りついたりする。だからこその美しさを、1ページで描き切った素晴らしいラストカットを見逃すな!