青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

HAPPLE『ドラマは続く』

ドラマは続く

ドラマは続く

これから始まる たったの35分間 一生で一回きりの たったの35分間

冒頭で放たれる宣言通り、珠玉のライフミュージックがたっぷり詰まった35分間のアルバムであります。1曲目「New World」から2曲目「カーティス」のサウンドスケープの流れに、思わずceroの素晴らしきファースト『World Record』の冒頭を想起してしまって、あぁ、HAPPLEも始まっていくんだな、とうれしくなってしまう。あんまりこんな書き方されるのはうれしくなかもしれないのだけど。これまでも、「21世紀のユニコーン」「日本海サザンオールスターズ」「日本のXTC」「日本のトッド・ラングレン」など、とにかく類似例を挙げられがちな彼ら。なるほど、どれも納得のコピーではあるのだけど、土岐佳裕のソングライティングセンスは唯一無二のものだ。ソウルもネオアコもミナスもチェンバーも飲み込んだ、捻くれた、というか難解な構成の楽曲をかくもポップに鳴らす才能。よく耳をすますと彼にしか歌えないのではないか、と思うようなメロディーラインも実にスムースに響かせる。メンバー3人による流麗かつファニーなコーラスワークもいなかやろうから引き続き完璧。人力の美しさよ。MC.sirafu(片想い、ザ・なつやすみバンド、うつくしきひかり)をはじめとする豪華ゲスト陣によるスティールパン、ヴァイオリン、トランペット、フルートといった楽器の音色もとても美しい音で録られています。しかし、何よりメンバー3人の演奏がいい。いかにも下手ウマ然とした佇まいの彼らなのですが、土岐佳裕のカッティングギター、押田千紗子のタイトでジャストなドラミング、斎藤麻美の多彩な音色の鍵盤、確かな演奏力に裏付けされた3人のアンサンブルが最高にかっこいいのだ。「ラブリーポップ」なんて評される楽曲の裏に沸々とした哀しみや怒りが滲んでいて、それが弾けんばかりにファンクしている。今まで書いてきた事は全てリード楽曲である「涙を見せて」のPVをご覧いただければ全てサクッとご理解頂けるはずでございます。

素晴らしい。本当に素晴らしいナンバーですよ、これは。

すいてる列車、こしかけて本を読んでた
通過して行く人達も、日々、暮らしている

HAPPLEが歌うのは、街に暮らしている名前も知らない人々の事。つまり僕達の事。その1人、1人にドラマがあるという事。

帰り道すがら ヘタなメロディー 祈りのように口ずさんでいたんだ
待ってるの 僕は待っている
待っている 君も待っている

何を待っているのか?生きていてよかった、と思えるような時間をだ。そんな祈りを音楽にしてしまうのは、やっぱり小沢健二を彷彿させてしまう。と思っていると、曲中に語り(!!)が挿入されるのだ。

涙の理由を考える
けどそれは複雑に絡んでほどけない糸のようだよ
本当の理由なんてわからないって
でも僕らはそれを知りながら、一緒に話したり、わらったりする
きっと本当の理由はその中に隠れている

泣いている人は本当に悲しいのだろうか、笑っている人は本当に楽しいのだろうか。そんな疑問にHAPPLEは立ち向かうとしているのではないかしら。あぁ、そう言えば、いなかやろう、ひいてはHAPPLEの音楽に何より惹かれたのはボーカリスト土岐佳裕のその泣き笑うような歌声だった。どんなに楽しい時も奥底には哀しみを抱えているし、また逆にどんなに悲しい時も笑い飛ばそうとおどける、そんなピエロのようなフィーリング。

けたたましい 流れの時間 止まったまんまの時も同居
ほんとはそのまま過ごせたはず
ドライブはあいにくサマー 不向きな天気だっていうのに
気にしないって
行くだけさ、行くだけさ


「New World」

時間は無情にもゴウゴウと流れていくのだけど、とりあえず気にしないような振りをして、でも、ちゃんとそれを受け止めて、進む。そんな気概が、ピエロ率いるサーカス楽団HAPPLEの1stアルバムには刻まれている。サーカスは決して同じ場所には留まらない。しかし、後から「またあんな時を過ごしたい」と振り返る事のできるような魔法の時間を提供してくれるはず。

今 ここの景色も変わっていくのかな
溢れないようにギターを鳴らそう
けど!
昨日の夜は永遠さ きっと


「ほし」

いつかは離れて暮らす そんな時のために
恋人同士 歌うように話してる
まるでブルース いつだって


「ドラマは続く」

いいとこばかり思い出す
そんな日もあればいい


「サーカス」

以前シングルがリリースされた際にも書いたのですが、活動休止、メンバー脱退、ライブ休止、とにかく色々あったと思うのですが、今、HAPPLEとしてこんなにも楽しい音楽を鳴らしている。その事が何より美しい。そう、ドラマは続くのだ!