青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

ayU tokiO LIVE in 下北沢DAISY BAR

久しぶりにライブハウスの扉を叩いてみました。『TEKI PAKI』というイベントで、Alfred Beach Sandal、スカート、Lantern Parade、ayU tokiOという素晴らしい組み合わせの4組。ライブハウスってこんなにも足腰を痛めるものなのか、と若さを失いつつある事に悲しくもなりましたが、充実の時間でございました。4組共に素晴らしかったのですが、とにかくトリを務めたayU tokiOの音楽が超絶的に素晴らしく、久方ぶりに鼻息荒く興奮しております。歌とリズムが跳ねている。あの弾けた方は、「生の意味を知るような」瞬間のそれだ。ライブでは、音源と異なりバイオリンやフルートといった管弦楽器が加わるのですが、その甘やかで飛翔感あふれるアレンジがたまらない。傑作カセットEP『NEW TELEPORTATION』は往年のアノラックを想わせるサウンドのMTR卓録音源なのだけど、それらの楽曲も肉体を得たようにピチピチと跳ねている。RIDDIM SAUNTERが『DAYS LEAD』において『LIFE』の多幸感に肉薄した瞬間を思い出した。ギターポップにソウルナンバーの意匠が加わると、それはもう青春で、最高で、幸福感に満たされてしまうものなんだな。



日本語詞の新曲「恋する団地」「米農家の娘」の2曲がまた格段に素晴らしかった。「恋する団地」は、練馬のニュータウン光が丘をレペゼンし、「この街の温度はずっと前から変わらないな」と歌われるナンバー。ちなみに光が丘とは東京都練馬区のはずれに位置し、広大な団地、公園、ショッピングモールを有し、あの上戸彩を輩出したニュータウンです。緑が多く整備が行き渡り快適なのだけど、あまりの広大さに圧迫感を覚えてしまうというアンビバレンスを抱えた不思議な街です。「恋する団地」は失敗しない生き方が提唱したという「ベッドタウンポップ」の系譜に連なり、かつtofubeatsの「NEW TOWN」「J-POP」に対する東京からの返答としても機能してしまう楽曲ですが、そんな事は置いておいても、とにかく今年1番の、景色を変えてしまう美しきポップソングなのだ。「米農家の娘」はayU tokiO筒美京平バート・バカラックなどの巨人の系譜に思わず置いてしまいたくなるような、スロースウィート。日本語の美しさにも色めきたってしまったので、早く音源化して歌詞を堪能したい次第です。そういえば、彼がMAHOΩに提供していたナンバーは「狐の嫁入り」「乙女のたしなみ」など、どれも日本語の響きを重視したタイトルだったな。跳ねたリズムに甘くとろける音色。歌うは鼻声がかった痩躯の薄顔男子。どうしたって私は王子様の再来を夢見てしまいます。「恋する団地」「米農家の娘」の2曲を聞いてもらえれば、それが馬鹿げた夢想ではない事がおわかり頂けるはずなのです。とは言え、ayU tokiOのあの3人編成のフルートやバイオリンを、服部隆一のオーケストラと比べるだなんてのは馬鹿らしい事だ。しかし、ayU tokiOの音楽には強い野心、そしてチャイルディッシュなまでの万能感が漲っている。それらがポップソングに強烈な眩さをもたらしているのは確かなのでございます。ライブハウスの地下室の実験から未来のポップスターは生まれるのだ!ayU tokiO、今後も激烈チェックです。なんでも現在、日本語曲を集めた音源を猛スピードで録音中との事で、震えて待つしかありません!


余談ですが、会場にはカジヒデキ氏が(おそらく)お客さんとしていらっしゃいました。ギュウギュウの下北沢の地下のライブハウスに似つかわしくないピカピカのカジ君でした。お洒落でかわいくてウサギさんのような驚異の40代カジ君。しかし、さすがの早耳インディーポップラヴァー。お目当てはスカートかayU tokiOか。注目度の高さが伺える素敵なエピソードですね。