青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

ジグザグジギーというコンビ


ジグザグジギーに夢中。雷に打たれたような気持ち。ジグザグジギーというのはウッチャンナンチャン出川哲郎バカリズムいとうあさこ、ナイツ、狩野英孝、ニッチェを擁するマセキ芸能社の芸歴5年目の芸人コンビ。何を今更と思うかもしれませんが、本当に面白いですね。今までこのコンビの存在に気づいていなかった事が恥ずかしいです。長身痩躯のイケメン池田勝、そしてどう見てもタダ者には見えない宮澤聡、どちらも華がありますし、間違いないネクストブレイク最右翼。面白い芸人、好きな芸人はもちろんたくさんいますが、個人的にここまでネタに感銘を受けた(と言うより好みだった)コンビはおぎやはぎ以来でござます。


公演のネタがマセキの公式でYouTubeに公開されているので、彼らのネタを未見の方はぜひチェックして欲しい。とりあえず代表作と言われている「出欠」

いや、正直このネタを持っていて、2012年のキングオブコントでファイナリストに残れないというのが信じられない。ただ出欠をとり続けるだけでのミニマルなコントがここまで面白いものになるものか!という興奮。ジグザグジギーのネタの面白さを端的に表現するにはふさわしい言葉は・・・と考えていた時に、ふとTLに流れてきたBerryz工房熊井友理奈名言botのツイートを引用したい。

同じことの繰り返しが人を退屈させないとき、その音楽にはグルーヴがある、というのが、私の基本的なグルーヴの考え方ですね

まさにこれがジグザグジギーのネタの面白さの根本であるような気がする。超絶な展開があるわけではない。しかし、圧倒的な発想と言葉のセンスで、同じことの繰り返しを退屈させない。宮澤聡の抜けがよく滋味ある声がワードを連呼して作り上げられる土台に、まぶされる池田勝のキラーフレーズの数々。まるで魔法のメロディーのようです。それによって宮澤の連呼するワードもどんどん響きを変えて笑いを増幅していく。とにかく池田勝の言葉がたまらない。惚れ惚れするような切り替えしと強度なのだ。事務所の先輩であるナイツ土屋の進化系のよう。そして、彼らのネタは、「悪意」とか「ディスコミュニケーション」とかそういうものを笑い飛ばそうみたいな意味性が排除されていて、ただただ純粋に振り回されるという運動(よく動くという意味ではありません)のみで勝負しているのが凄い。それでいて実にポップで大衆受けするポテンシャルを兼ね備えていて、正直ジャルジャルより凄いのではないか、と思っています。そして、何より驚くべきは、そのネタの量産ペース。どれだけキラーチューンがあるのか。それらが集められたベストネタ集『2008-2012 BEST』が5月に発売予定だそうです。

マストバイ!とりあえず発売するまでは、YouTubeで観られものは全てチェックしておくべき。どのネタも震えるほどに面白い。私、繰り返し繰り返し観ております。