青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

Homecomingsというバンド


Homecomingsという京都の現役大学生4人組(女子3に男子1)バンドに何だか夢中なのです。関西のインディーシーンでは話題沸騰中で、ネットでも何度もそのバンド名を目にする機会があったわけですが、いかんせん名刺代わりの音源がリリースされていなかった為、スルーしてしまっておりました。後悔。先日何となくYouTubeで目にしたそのライブ映像の煌きに一発でノックアウトされてしまいました。ギターポップ、ネコアコ、アノラックで容易に括れてしまう所謂リバイバルな音のようですが、何と言ってもまず耳を惹くのがキラリと光るそのメロディーセンス。ポップスの黄金律というのが染みついている。そしてボーカルの声質もいい。とりわけ上手なわけでもなく、ありふれた声のようだが、青春期の煌きと苛立ちが自ずと香ってしまう、選ばれた歌声の持ち主ではないでしょうか。後、基本的に平熱なボーカルで、叫んだり、熱唱したりしないじゃないですか。そこが好き。「青春」を描こうとすると、とかく若者に大声で叫びたがらせる傾向があるように思うのだけど、叫び出す事もできない声って絶対青春にはあるじゃないですか。いや、勝手な事を言わせてもらえば、大声にならないボソボソとした呟きにこそ青春は宿ります。で、Homecomingsにはそのニュアンスを感じてしまっているんですよね。それがかくもポップにスウィートに鳴っている、その事にとても興奮するのだ。バンドメンバー4人の佇まいもなんだか特別でとにかくドキドキする。これがバンドマジックというやつか。ギターの男の子はたいてい下向いて演奏しているし、女の子がTシャツとかじゃなくてワンピース着てるのもかっこいいですね。でも、ドクターマーチンは履かないあたりがやり過ぎてなくてまたよい。




唯一、手に入る音源『SPLIT EP』というTeen Runningsというバンドとのスプリット7インチレコードがあるのですが、これもかなりのレコード屋でソールドアウトでございます。探せばまだ数店舗在庫があるようですので、まだ持ってない人は急げ!私は90年代にヨシノモモコを中心とした所謂「レイトアノラック」の流れを体験していないので(これから勉強致します)、日本のバンドが7インチでこういうサウンドをリリースするというだけでもうウットリなのです。とにかく今はライブを見てみたい。ひたすらにYouTubeを眺めながら、全国流通音源を震えて待ちます!