青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

最近のこと

花粉症に殺された。今週はなんだか知らないけど、本当に辛かった。風邪と合併症をおこしてしまったのか咳と頭痛が止まらなく軽い地獄でございました。小田扉の『団地ともお』をひたすら読み返して、心を落ち着けている。弱っている時には『団地ともお』をオススメします。アニメ化もしますしね。しかし、改めて小田扉はエピソードトークと実験性の名手だ。

団地ともお 9 (ビッグコミックス)

団地ともお 9 (ビッグコミックス)

9巻の1話目なんて改めてビックリさせられた。時と空間と記憶についてさらっと凄い事をやってのけてる。週刊連載の中の1話で突然に。



日記を書きそびれていた。とりあえず週の前半のこと。3月11日の月曜日は渋谷WWW へcero×田我流のチャリーティライブを観に行く。Twitterだと圧倒的にceroファンが多い、との事でしたが、決してそんな事はなく田我流超人気者でしたよ。なんせ華がある。冒頭で、こういう異種格闘技のライブだと、普段ヒップホップを聞かないお客さんが硬い!と言ってのけるも、続いて、「でもそれでいいです、俺は感じてるぜ!」と包みこむ感じ。攻撃的なようでいてとても優しいから好きだ。往年のビートたけしのよう。非常にポリティカルなMCをする。言っている事に100%同意というわけではないのだけど、何だか説得力がある。とにかく真面目だな、と思う。でも、かっこいい。どこか斜に構えるのがクールという風潮が蔓延する中、真面目がかっこいい、という価値観の復権を田我流は担っております。その一方で「ラーメン」「墓場のDigger」そしアンセム「やべ〜勢いですげー盛り上がる 」などのstillichimiyaの面々を交えてのパフォーマンスは最高にバカらしくて楽しい。「3.11」をポジティブなものに変えたい、という田我流の意気込み、ビンビンに感じた!とにかく笑えれば。

続いてcero。この日の演奏は個人的にはあまり良い方とは思えなかったのだけども、それでも美しい瞬間がいくつもあった。黙祷から始まった「大停電の夜に」の美しさ、一層の激しさを見せた「My Lost City」に挿入されたECDの「言う事聞くよな奴らじゃないぞ」のフレーズ、「不謹慎かもしれないけど」と前置きをして、「3.11直後の暗い渋谷の街にポジティブなものを感じた。ここから何かいい事が始まるんじゃないかって。」と話したMCなど。アンコールでの田我流を迎えた「ゆれる」のカバーもよかった。

あの楽曲の鍵盤フレーズをMC.sirafuがスティールパンで奏でた音色はとても美しかったな。しかし、高城さんの喉が心配だ。よくなりますように。



火曜日は特に何もない日。20時までやっているクリーニング屋に駆け付けようとしたら1分差で間に合わず。星野源が本で好物と書いていたので亀田製菓の「ソフトサラダ」を食べてみたのだけど、私は三幸製菓の「雪の宿」のが好きかもしれない。実は今までの人生、お煎餅というものは天乃屋の「歌舞伎揚げ」くらいしか食べる機会がなく、この歳になって新鮮な出会いを重ねております。結局、天乃屋の「歌舞伎揚げ」が1番美味いと思うのですが、あれって関西方面ではほとんど販売してないらしいですね。衝撃。しかし、関西にはぼんち株式会社の「ぼんち揚げ」なるものが同系統商品としてあるそうじゃないか。

食べてみたい。関西土産はこちらでよろしくお願い致します。



水曜日は寺本幸代『ドラえもん のび太のひみつ道具博物館』を観て、個人的には憤りを隠せぬほど落胆したのですが、何やら評判はよいらしく、ドラ映画新記録の40奥円突破も見えているそうです。子供たちが面白いならそれでいいとは思うのですが、あれはF先生のドラえもんではないなー。作画とか演技は全く気にならない、というかいい前作に比べると格段にいいと思うのですが、脚本がなー。これは大長編じゃないですよ。『大晦日だよドラえもん』とかでやってたら「楽しいなー」というレベルですよ。1回でいいから芝山努原恵一、渡辺歩を監督に招き入れて、脚本をちゃんと書ける人に依頼して作ってみて欲しいな。「ドラえもん愛」のような、原作ファンへの目配せサービスで作品を構築していくのにも無理がきている。思いきって全くの外部に依頼してもいいのではないかしら。石黒正数とか今井哲也とか藤子F経由の天才が何人も登場してきているわけだし。




口口口の新PVにロロやMAHOΩの振り付けでお馴染みの大女優島田桃子先生が出演しておられた!MAHOΩの振り付けもちょっと披露している!

間もなく発売のニューアルバムもとても楽しみだ。




今更ながらきゃりーぱみゅぱみゅの最近の曲をしっかり聴いたんですけど、いいですね。「ふりそでーしょん」と「にんじゃりぱんぱん」好きだわー。




最近よく堂島孝平の「スプリング☆スプリンガー」を聞き返している。

とてもいい曲だし、スカパラとかストリングス隊まで色々召還して、アレンジが服部隆之だったりするだけど、どうしても本人のルックスが体操のお兄さんみたいでオザケンにはなれなかったんだなー。しかし、また誰かにこれくらいは真似っこして欲しい。




家で『ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ』の2巻

を観たのだけど、前に借りたやつだった。しかし、ブラマヨ吉田の遺書が発見された件のエピソードはすごい。千原ジュニアの事故後のエピソードも何度も聞いた事あるがすごかった。