青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

立ち食い蕎麦「嵯峨谷」の衝撃


佇まいがややクラシックなので個人経営のお店だろうと思いながらも、「十割そば280円」という衝撃価格が看板に掲げられている。なんと、立ち食い蕎麦屋の新興チェーン店だったのですね。公式HPが見当たらないので、定かではないのだけど、渋谷、浜松町、虎ノ門、水道橋、高田馬場あたりに店を構えているらしい。


私が食べたのは"名物"と謳われていた「あじねぎ天そば」400円。「あじ」とはあの魚の「鯵」である。立ち食いチェーン店で鯵の天ぷらが出るのか!とまず衝撃。他のメニュー「刻み玉葱そば」「ごまだれ」「あじ天ご飯」「親子丼」「冷麦」なども気になる所である。特に私はごまだれのお蕎麦に目がないのだ。いや、待て、冷麦なんてのもチェーン店ではなかなかお見かけしないぞ。凄いな。出てきた「あじねぎ天そば」にもこれまた大いに驚かされる。天ぷらが揚げたてなのだ。まだ1回目なので、これがデフォルトなのか、たまたまなのかは定かではないが、これは好感度がむちゃくちゃ高い。サクっとした衣に、柔らかい鯵のホクホクとした身のコントラスト、そして衣が徐々に汁でふやけていくマゾスティックな快感よ。更にわかめは取り放題!十割そばの看板に偽りなしの太く香り豊かな麺。七味唐辛子で更に香りを引き立てて食べよう。しかし、これが蕎麦だけなら280円で食べられるですから!しかも、24時間営業!!これはしばらく「富士そば」と「ゆで太郎」には行けないぞぉ。