青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

フジロッ久(仮)&GORO GOLO LIVE @早稲田ZONE-B

仕事始めの身体に鞭打ち、SEVENTEEN AGAiNのイベント『FUCK FOREVER』に少しだけ参加してきた。たくさんのバンドが出演していのだけど、お目当てはayU tokiOフジロッ久(仮)、GORO GOLOだったわけですが、ayU tokiOには間に合わず。悔しい。会場で会う人がみな口を揃えて「素晴らしかった」とおっしゃっておりました。この日も弦と管を加えた編成だったようです。更に、なんと日本語楽曲がついに披露されたのだとか。噂に聞いた所によれば、タイトルは「恋する団地」とかなんとか。無茶苦茶よさそうではないか。ayU tokiOの音楽のチャイルディッシュな全能感は「団地」とイコールで結びつくような。次のライブには絶対駆けつけて目撃したい!とりあえず、ayU tokiOのカセット音源はまじでいいからマストバイですよ。


しかし、この日はフジロッ久(仮)の新曲を聞く事ができたのだ。

これが凄い。「はたらくおっさん」でパブリックイメージが凝り固まっているバンドのネクストステージを見た想いだ。タイトルは「シュプレヒコール」(シュプレヒコール=集団のデモンストレーションなどで、一斉にスローガンを唱和すること)とくるわけで、それはもうゴリゴリに攻撃的なナンバーなのかと思っていたわけですが、違った。まるで小沢健二がパンクミュージックに目覚めたかのような、スウィートで、ロマンティックな抵抗の音楽だったのです。歌詞をきちんと聞きとれたわけではないのですが、なんとなく「美しさ」について歌った曲だったように思う。ポップソングと言ってしまってもいいかもしれない。しかし、それはセルアウトなんかでは微塵もなく、今の世の中への確かなカウンターパンチとなるような楽曲なのだ。童話『北風と太陽』でもいいし、吉田健一の「戦争に反対する唯一の手段は、各自の生活を美しくして、それに執着することである」もまさにそうなのだけど、改めて、あーこういう反抗の仕方、パンクのやり方もあるのだな、と感心してしまった。鍵盤の美しさと、ギター、リズム隊の暴れっぷり、そのアンビバレンツな感じも実に美しい。しかし、何より歌とメロディーがいいのだ。元々フジロッ久(仮)はパンクバンドながらメロディーセンスに富んだバンドだったのだけど、なんだかもう「うたは自由をめざす!」(@ソウルフラワーユニオン)ってな感じなのだ。フロントマン藤原亮が音楽前夜社ジャポニカソングサンバンチで魅せるその歌心はフジロッ久(仮)の音楽にも大きな変化をもたらしていくのかもしれません。楽しみだ。もう、銀杏BOYZの呪縛も感じなくなった!


そして、その音楽前夜社のボスことスガナミユウ率いるGORO GOLO。口を酸っぱくして、何度も言うけれども、GORO GOLOのライブは本当に最高なのでぜひ生で観て欲しい、のだ。意味から解放された純粋な音楽とダンスという運動の美しさが見える。「ガッガッガッ」という意味のないオノマトペに美しさが宿るのだ。音楽的語彙力に欠けて、巧く魅力をプレゼンできないのが歯がゆい。と思ったらYouTubeに映像があがりました!

1つ言えるのはGORO GOLOのライブには生の意味を知るような瞬間があります。とにかく速いのだけど、濃密。まーとにかく、間違いなく今年ブレイクスルーして欲しいので(とりあえず間もなく7インチをリリース予定らしいですよ!)、音楽前夜社のHP(http://ongakuzenyasya.tumblr.com/)のチェックは怠らないようにしよう、ぜ!