青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

土日のこと

引越し日が無事土曜日に決定した!後、1回手続きすれば我が城が誕生するのです。「休みの日は家にいるのが好き」っていう感覚って実家暮らしだと理解できなくて、基本ずっと外に出ていたわけですが、これからは家でのんびりするのにもはまってしまいそうだなー。とっとと荷物を片づけて年末はのんびり過ごしたい。安価版の小津安二郎ヒッチコックの10枚組BOXなどを買い込んで引き籠りたいと思っています。後、本を読みたい。とりあえず、ヴォネガットの『タイタンの妖女

を久しぶりに読み直したら、読書欲がムクムク沸いてきたので、食べるように読みたい。しかし、ちょっと今はヴォネガットがあまりにしっくりくるではないか。荒唐無稽にいきたい。ところで、自分を含めてですが「荒唐無稽(こうとうむけい)」を「こっけいむとう」と読むと勘違いしちゃう現象、あれ何が原因なんですかね。





土日はカレーを2回も食べる事ができたので満足。下北沢の茄子おやじと新代田のPPカレー。茄子おやじはやっぱり私の中では暫定1位と言っていいくらいに好きなカレーだ。いつもスペシャルカレーを頼んでしまう。要は全部盛りカレーなわけだけど、ごった煮感はなく1つの作品として美しい。そして、ヴィジュアルも美しい。ビーフにチキンにポークにキノコに野菜にゆで卵まで入ったスペシャルカレーに更に美味しいコーヒーをつけても1200円というお値段設定もうれしい。らっきょと福神漬けも食べ放題だ。それに対してこの間、吉祥寺のわりと有名なお店。量が少ない上にサラダ、コーヒーセットで1600円。しかも何より致命的な事にカレーが温い。これはダメですねー。2度と行きたくなくなります。吉祥寺ではまめ蔵と武蔵野文庫のカレーが好きです。よろしくお願い致します。





JET SETに行こうとしたらオープン時間が遅くて断念。森は生きている、の音源欲しいよー。







とんちまつりで観たホライズン山下宅配便のかっこよさであったり(ちょっとかっこよ過ぎた)、ロロの『いつだって可笑しいほど誰もが誰か愛し愛されて第三小学校』が素晴らしかったり、『THE MANZAI 2012』にゲラゲラ笑ったり、楽しい事はたくさんあった土日だったのですが、なんとなくダウナー。選挙の結果と天気のせいだろうか。やる気がでねー。雨の月曜日!

名曲だ。しかし、ロジャニコの新しいアルバム試聴した限りビミョーそうなんですが、どうなんでしょう。ボーカルの響きがデジタル過ぎるような。でも、まー、ポール・マッカートニーNIRVANAに加入するそうだし、老人が元気で何よりです。最近1番聞いているのは26歳のAntonio Loureiroですけどねー。





そういえば、とんちまつりは円盤で開催された前夜祭まで参加したのでした。片想いのオラリーさんのソロ(アベユミコ名義)演奏は、つたないギターと楽曲の成熟度のアンバランスさが素敵だった。ジュディマリのカバーまで飛び出したのだ。いずれ平賀さち枝をおびやかすコンテンツとなって世に音源がは放たれそうな予感。ceroの高城晶平のソロではyumboの「鬼火」のカバーを聞く事ができた。しかし、とにかく声が出しづらそうだったので心配です。ceroの『MY LOST CITY』でも1曲ベースを弾いている厚海義朗のソロも素晴らしかった。まるでジャコパスと評判のベースソロも笑ったし、かっこよかった。伴瀬朝彦のピアノもついに聞く事ができた!何より衝撃的だったのはB-positivなわけだけど、あのバンドについて語る言葉は誰も持ち合わせていないのだと思う。観に行くしかないですね、あれは。私は非常に目が悪いので、テルさんの事をずっと「とんち周りには、こんなおもしろい人が片岡シン以外にもまだいるのか!!」と興奮しておりました。歌うまで気づかなかった。






ハマカーンのネタで本当にうれしそうに笑っている大竹まことがかわいくて何度も再生してしまいます。しかし、ハマカーンがあんなに面白くなるなんて誰が想像しただろうか。いつも68点くらいの漫才をしていて、ついに最近「下衆の極み!」ってのを見つけてすこーしだけ跳ねるも、やっぱりそこまで面白くはなかったですよね。で、今年も決勝に残っていると聞いてハテナマークが凄かった分、衝撃も大きかった。浜谷の身体が面白いんだよなー。ちなみに春日が世界で1番好きなお尻は浜谷の尻なんですよ。わー。ときになんで松本人志って『THE MANZAI』に出てないんでしたっけ?どこかで出ない理由を言及しているのかしら。ナイナイとの確執もなくなった今、出ない理由があるなら知りたい。「しんどい」とかいう理由だろうか。松本がいないなら太田光に出て欲しいけど、審査員とかは断っているのでしょうか。審査員枠が宮迫、大竹、天野っちまで下りて来ているなら、ウーチャカが審査員でも充分いいと思うのだけど。グッと華やぐじゃないですか。





ゲントウキの「鈍色の季節」を久しぶりに聞いたらむちゃいい。

僕が高校生の頃、新宿タワレコあたりで盛り上がっていたゲントウキとかLampとかMAMALID RAGとかが形成していた喫茶ロック発のあのシーンはもう跡形もなく消えてしまいましたね。