青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

最近の関心事

最近のこと。病院に行って痰切りの薬をもらってやっと咳が止まってきました。グッスリ眠れるって素晴らしい。すっかり街がクリスマス、年末ムードで忙しかったりウキウキしてしまったりなのですが、一方選挙の事を思うと暗澹たる気持ちになってきますね。どう考えても頭のおかしい政党が少なく見積もっても3つあるって怖すぎる。爆笑問題がこのどうしもない現状を最高にナンセンスな漫才で世の中の気づいていない人達に提示してくれたりしないだろうか、と願ってますよ。そんな事きっと太田光にしかできないのだ。そういえば、タイタンのウエストランドの漫才面白いですよね。クッソ好き。爆笑問題太田光代が目をかけている期待のホープ。ツッコミがボケを追い越す楽しさ。今年のTHE MANZAIでも敗者復活枠にいるそうなので、ぜひ勝ち上がってきてもらいたいです。




sufjan stevensのクリスマスアルバムの素晴らしさに酔いしれている。

編み物スフィアンかわいい。次の来日公演があったら絶対に行きたい。もろにインディーミュージシャンという感じですが、前作とかビルボードで7位とかなんですよね。ライブのチケットも手に入りにくいらしい。凄いよなー。日本でもceroシャムキャッツにその道を切り開いて頂きたいです。





そういえば、『HUNTER×HUNTER』の新刊むちゃおもしろかった。

HUNTER×HUNTER 31 (ジャンプコミックス)

HUNTER×HUNTER 31 (ジャンプコミックス)

コミックス派なので。amazonだと32巻の発売が12/28になってるけどマジで?『ワンピース』に完全に置いてかれてるので(劇場版の脚本が鈴木おさむという絶望)、もう『HUNTER×HUNTER』だけが少年誌の最後の砦だ。






今月号の『ダ・ヴィンチ』(「BOOK OF THE YEAR2012」の特集はつまらん)

ダ・ヴィンチ 2013年 01月号 [雑誌]

ダ・ヴィンチ 2013年 01月号 [雑誌]

での星野源×若林正恭(オードリー)×又吉直樹(ピース)の本好き3人対談が実におもしろくて興奮してしまった。冒頭から「スタバでトールは頼めるけどグランデとは言えない」という穂村弘直系の自意識トークで盛り上がっている様はみるに、「やはりこの人達は全員芸風が一緒だなー」と。しかし、所謂「モテ」についてのトークになるとかなり踏み込んでいて、「確かに昔に比べたらモテる」というのを一旦認めた上で、「モテるよねー」という他人からの言葉は、「お前のランクにしてはな」という意味合いが含まれているのだ!という実に若林らしい結論に星野源が「そうっ!」と激しく食いついているのがおもしろかった。後、若林による、例えばA〜Dまでランクがあって、まれにAランクの女の子が、Dランクにいる自分を、「みんなはないって言うけど私はなくはないよ」と言ってくる、それをみんなが大袈裟に「モテてる」と言っているだけなのだ、といった旨の分析に惚れ惚れする。又吉と星野源が大橋先生の『シティライト』を大プッシュしていたので、きっと若林も読んでくれるに違いないのでワクワクしています。




で、その『ダ・ヴィンチ』を六本木ヒルズTUTAYA&スタバで読んだんですけど、あそこ凄いですね!今更ですが。TUTAYAとスタバが隣接していて、スタバでコーヒー頼んだ人は、TUTAYAの本を購入せずに自由に店内に持ち運んで読んでいい、という。いやー凄いですよね。セレブの街の民度だからこそ、可能なんですかね。しかし、漫画コーナーは少数精鋭で、何故か岡田あーみんの『お父さんは心配症』『ルナティック雑技団』『こいつら100%伝説』がそれぞれセット売りされてました。

お父さんは心配症 (1) (りぼんマスコットコミックス (351))

お父さんは心配症 (1) (りぼんマスコットコミックス (351))

光るセンス。後、新刊のセット売りって初めて見たなー。後、店内がGROOVISONSに占拠されていてChappieがいっぱいいた。久しぶりにChappieの『NEW CHAPPIE』を聞き返したけども、名盤だよなー。
NEW CHAPPIE

NEW CHAPPIE

1999年発表なのね、これ。くるり『図鑑』のレコーディング中にスタジオで流してみたらジム・オルークが大喜びで踊り狂った、という有名なエピソードを持つ「Welcoming Morning」(作はpal@pop!)

だけでも充分なのだけど、ROUND TABLEによる「Everyday」、COILによる「Good Day Afternoon」も素晴らしいし、何と言っても草野正宗松本隆による「水中メガネ」、細野晴臣松本隆コンビで歌唱が森高千里という完璧すぎる(更に編曲はティンパン・アレーだ!)「七夕の夜、君に逢いたい」は音楽史に残したいクオリティー。


森高のあの歌詞の聞き取りやすさと松本隆の歌詞の旨味を引き出す歌唱は何だろうか。あの声で歌われる「薄荷ドロップ」の凄さ。森高の復活アルバムは全曲細野・松本コンビでお願いできないだろうか。





巷で噂(http://www.tabroid.jp/news/2012/11/logicool-z120bw.html)のロジクール製のスピーカーZ120BW購入してしまいました。

LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BW

LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BW

約1000円で驚異の音質との謳い文句。普通こういうのって値段のわりに低音が効いてる、みたいのが多いんですが、これは低音はわりと弱めで上物がクリアに聞こえるという珍しい安スピーカー。PCに全ての音源を外付けで入れているのに、PC用のスピーカーなかったので、これはうれしい買物でした。





最近お昼にはまっているのが、ローソンと永谷園の共同開発したフリーズドライタイプのカップの味噌汁。

その名も「匠の一杯」です。お気に入りは「大きめカットの揚げなすと長ねぎ」でして、茄子の旨味成分が鰹の出汁と味噌と相まって美味〜。具が大きいのも熱い。心にいつでもオフィスレディーの魂を持っている私は、コンビニのカップスープ類のチェックに余念がありません。




初めて電動髭剃りを購入したのだけど、これは確かに便利かもしれないし、カミソリより肌に優しい。もっと早く買えばよかった。1人暮らしを始めるにあたって色々準備をしないといけないのだけど、入用過ぎて焦る。最初に買うのが髭剃りというのを大いに間違っていると思います。道のりは長い。家電屋に行って、冷蔵庫を買う際に確認するポイントなどをレクチャーされています。




なんだか忙しかったり、体調悪かったりでけっこー観たもの聞いたものをここに書き記し忘れている。でも最近はライブと演劇にはほとんど足を運んでおらず、行っても無銭のものばかりです。色々見逃した。しかし、年末に向けて解禁で、ロロにナカゴーにバナナ学園純情乙女組なんかを観に行こうと思っています。ライブも何本か。しかし、年末は部屋の片づけに追われそうです。