青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

Sufjan Stevens『Silver & Gold Songs For Christmas, Vol. 6-10』

Sufjan Stevens(スフィアン・スティーヴンス)の5枚組BOXセットのクリスマスアルバム『Silver & Gold』が素晴らしい。

Silver & Gold

Silver & Gold


誰もが知っているクリスマスナンバーから彼のオリジナルクリスマスソングなど全58曲2時間47分。シールやポスターや分厚い歌詞カード、コード表などの特典もうれしい。しかも5枚全てに素晴らしいジャケット付き。所有欲をそそります。そのメロディー、コード、曲構成、ボーカル&コーラスワーク、チェンバーな楽器の音色センス、アレンジの多様性、どれをとっても天才的で頭がクラクラしてきます。58曲といっても1分台の曲もたくさん収録されているのでダレる事なく聞けます。またそれが子供たちの合唱曲だったり、オルガン1本だったり、ハープでの演奏だったり、キャッチーでチープな電子音のインストだったり、ととてもいい感じなのだ。そして、何よりクリスマスソングの持つ圧倒的な幸福感!


Sufjan Stevensは2006年にも5枚組のクリスマスアルバム『Songs For Christmas』を発表しているわけで、これで10枚のクリスマスアルバムは製作しているのですね。ライフワークのようになっているが、ちょっと偏執的なまでのクリスマスへの執着であります。日本だと資本主義の副産物という感じが強くていまいちピンと来ないのだけど、やっぱりキリスト圏におけるクリスマスというのは本当に特別な行事で、そして、それは「家族」というキーワードに密接なものなのだろう。自身の音楽においても語られるSufjan Stevensの孤児であったという出自(玄関の牛乳ポストに捨てられていたらしい)を想うと、*1本質的な意味での欠乏を埋めるかのような行為なのではないか。なんて勝手に想像していしまいちょっと涙腺が緩む。またクリスマスソングを作り続け歌い続けるというのは、育った国や自身の家庭の歴史を記録していくかのようでもあって、アメリカの50州のそれぞれを歌うアルバムを1枚ずつ作ろうとしたり、自伝的な楽曲を作り続けたりしている彼の活動にやはりしっくりと馴染むのだなー。

そうそう、8枚目『Infinity Voyage』のジャケットにはガンダムの偽者みたいなロボットの右下に何故か日本語で「クリスマス永遠旅行」とある。な、泣ける。そう、クリスマスなんていうのはたった数日間で終わってしまう強烈なファンタジーなのだ。そのファンタジー放つ多幸感を、圧倒的な躁感でもって、永遠に閉じ込めようとする。その様は、小沢健二の『LIFE』にあったそのヴァイブスのようであって、強烈な祈りなのである。あぁ、全ての人に平等にクリスマスが降り注ぎますように。

間違いなくマストバイ!今年1、2を争う名盤でございます。5枚組なので普通に買うと4200円くらいですがamazonだと約3000円で買えますよ!

*1:捨てられていた家の夫妻にたくさんの愛を注がれて育てられたそうだけども