青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

大橋裕之『シティライツ』3巻

中野タコシェで開催された大橋裕之先生のサイン会に参加して参りました。『シティライツ』3巻発売記念!1人1人にお望みのイラストを描いてくれるという事で、最終話「光」の主人公が描いている漫画「てもちぶさ太君」にしてもらいました。

「腹王(ふっきんぐ)」と「岡田君」とで迷いましたが、「てもちぶさ太君」にしてよかったです。なんせ笑っているからね、てもちぶさ太君は。僕は大橋先生の描く笑顔が大好きなのだ。しかも「手もちぶさたじゃなくなった」と言っています。よかったです。いやーしかし想像以上にうれしいです。なんせ僕が漫画家さんで「先生」の敬称をつけるのは手塚先生、藤子先生そして大橋先生の3人のみなわけで、つまりも神様くらい好きなわけです。

シティライツ(3) <完> (モーニング KC)

シティライツ(3) <完> (モーニング KC)

『シティライツ』3巻、本当に素晴らしい内容で、これはもう歴史に名を刻んだのではないでしょうか。どんなにどうしょうもなくダメそうな奴の人生も、実のその1つ1つが「街の灯り」なのである、という事を教えてくれる一歩引いた冷静で優しいカメラが、今巻でははググっと寄ってその灯りが光たる瞬間をクローズアップしている。どのエピソードも登場人物が実に美しい光に包まれているのだ。その光を見事に可視化しているのは大橋作品でお馴染の奥田亜紀子のトーンワークで、今巻でのその仕事ぶりはちょっとした領域に踏み込んだ素晴らしさだ。3巻は表紙からして凄い。そういえば奥田亜紀子は『神様』での光の描写も素晴らしかったなー。次の作品も楽しみ。


話を『シティライツ』に戻します。日常に潜む何気ない瞬間の輝きを掬い上げる、という連載初期の作風から、徐々にセンス・オブ・ワンダーへの挑戦が見られ、3巻でのその充実は目を見張るものがあります。「帰郷」「良子の変」「ハンカチーフ」の味わいは、ショートSFの名手星新一の名を挙げて賞賛したい。ベタつかない程度のさりげない叙情が涙を誘います。「漫画神」に全てのクリエイターの心は震え、熱情が跳ね返るに違いない。子どもが漫画神を見上げるカットに託された循環がたまりません。個人的には、今までの作中漫画家大集合(あの「野菜の拳」と「アッパくん」の作者が!)にも痺れました。そして、何と言っても「光」なのですが、3巻はSFチックな作品が続いた中、この最終話はリアルテイストな話だ。なんかこの感覚ってceroの『MY LOST CITY』の最後のトラックが「わたしのすがた」だった、あの感じに近いぜ。そして、僕はこれが1番好きだ!台詞にも頼らず、光のその運動だけで、若者の全てを描き切ったような感触がここにはあります。「シティライツ」堂々の完結。メジャー誌連載お疲れ様でした!


余談ですが、大橋作品には人命や背景の看板などにミュージシャンがよく出てくるのですが、それを探すのも楽しい。サイン会の特典についていた解説本によると、2巻でおっさんみたいなヤンキーの名前として登場した、星野源が「俺嫌われてるのかな」と言っていたのを人づてに聞いたそうです。かわいいですね。「全くそんなことないです」と伝えてもらったそうですので安心して下さい。3巻は更にネタが多く看板などで「ホテルシャムキャッスル」「三輪二郎法律事務所」「SMクラブオシリペンペンズ」「高城(cero)書店」「澤部(スカート)焼き」「小料理王舟」「スナック(平賀)さちえ」「MCしらふ」、そして人名に「見汐麻衣(埋火)」「北里(アルフレッドビーチサンダル)、更にはジョンのサン『No,sir』のアルバムジャケットオマージュなどが確認できました。きっと他にもたくさんあるはず。探してみよー。