青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

だるま屋餅菓子店@十条

埼京線十条駅の商店街にあるだるま屋餅菓子店の有名なかき氷を食べたのだ。

かき氷の概念を覆す一品。このヴィジュアルからして、硬くてシャリシャリしたものを想像するわけですが、フンワリと口の中で溶けるのです。羽根のようなのですね。相当な技術力に裏打ちされているのが伺えます。まず、「かき氷」と聞いて連想する、あの「ガリガリ」という音が聞こえてこないのだ。どう削っているのだろうか。かき氷というのは実は夏ではなく秋から春のほうが美味しいのだそうだ。その理由は単純に夏はすぐに溶けて再結晶化してしまうから。気温の低い季節であれば、削ったそのままの食感を楽しめるとのこと。これは盲点でございました。しかし、美味い。宇治金時の抹茶も高級感溢れる深みある味わい、その苦味と餡子の甘さとのコントラストが楽しい。なんと特選宇治金時はお値段が1,000円を超えます。しかし、何より衝撃だったのはこの店の2代目のトークである。ちょうどお客が他にいなかったので、延々と喋り倒してくれるのですが、それがもうとにかく見事なプラセボ効果を生んでくれます。まず、「最初に言っておきますが、うちの宇治金時を食べて他の店のが食べれなくなったら、ごめんなさいね」と始まり「逆に聞きます、この宇治金時より更に美味いかき氷って食べたいですかね?」「もっと美味しいのは作れるんです。けどもうそれは誰にも理解できないレベルの味なんですね」とくる。いやーこんな事言われたら失笑しながらも、なんかもう期待膨らんじゃうわけじゃないですか。本当に美味しいですしね。更にトークはあらゆるジャンルのグルメに広がり、「焼肉は美味い店で食べてしまうと、安い店のはゴムにしか感じられない」「5,000円の焼肉食べるなら、2回行ったと考えて10,000円の焼肉を食うべき」「さっきも都内トップクラスの焼肉屋の店主が来てたんですけどね(意味不明)」「居酒屋なんかで酒を飲んではダメ、飲むなら蕎麦屋。4,000円で最高に満足できる」「ケーキ屋はブランドでなく作っている人で選ぶべき」「どちらにお住まいですか?美味しい店紹介しますよ」「お茶ならまかせて欲しい。どんな先生も手に入らない世界トップクラスのお茶を持っている」「9ヶ月予約待ちしたミシュラン3つ星の店に行ってくる。1人30,000円。でも、きっとお客にも、そして僕にも理解できない味なんだと思う。本当に美味い料理ってのはそういう事なんです」「舌を鍛えていきましょ」・・・パンチライン製造機だ。なんでしょうか、昔の『クイックジャパン』とかが取材に来そうなレベル。「小山田圭吾“謎のレコード屋”潜入30000字ルポ」を思い出しました。そして、とにかくひたすら喋りまくった後、「では、今日はありがとうございました」と言い残し店から姿を消したのです。まるでシンガーソングライターの弾き語りライブを観に来たような気分。高揚感に包まれながら店を後にしたのでした。



後日、紹介してもらった店に本当に行ってきました。新江古田と東長崎の中間くらいにあるお蕎麦屋さん「じゆうさん」

氏曰く「都内トップクラス(口癖)の蕎麦屋」だそうだが、驚く事に本当にむちゃくちゃ美味しかった。ツユにつけなくても美味い蕎麦。少しヌメリ気のある歯ごたえも新鮮でありました。

天ぷらも絶品。

もちろん美味しいお蕎麦屋の必須項目玉子焼きも素晴らしかったのです。

完全にクレイジーだと思っていましたが、ちょっとあの二代目の舌は確かなようだ。また話を聞きに行きたい。