青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

最近のこーと

金曜日、仕事終わりにハイバイの『霊感少女ヒドミ』に駆け込み、すっかり感動してしまったので土曜日にもう1回観る。ハイバイの2人もよかったのだけど、三郎と虹朗を演じたはえぎわの町田水城とサンプルの奥田洋平のホモソーシャル感と哀愁、素晴らしかったな。荒川良々も観に来ていて、終演後平原テツと話している姿を観て、『ポンポンお前の自意識に小刻みに振りたくなるんだポンポン』に想いを馳せた。ハイバイは今年傑作ばかり上演している。劇中で使われたキリンジの「エイリアンズ」もあらためていい曲だなーと思ってしまい、キリンジブームが到来であります。最近のアルバムは聞いてなかったのでチェックしてみよう。ときに「エイリアンズ」ってゲイチックな歌だよなぁ、とか思っていたのですが、しっかり秦基博がカバーしていて驚く。私の中で、結婚したとはいえ、彼のゲイ疑惑はぬぐえていません。「エイリアンズ」のカバーも悪くなかったのですが、彼のカバーレパートリーの中では、音源化もされているUAの「ミルクティー」が音響も含めて飛びぬけて秀逸。

日曜日は私立恵比寿中学ZEPP東京でのワンマンライブを観てきたのだけど、正直がっかりしてしまったなー。ライブの本数がかなり多いから、というのもあるのだろうけど演出のクオリティが低すぎる。メンバーの魅力を引き出すでもなく、ただ茶番、MCとして大人が出てくるわりにはあまりに、あまりにもお粗末な場の裁き方。あんなもの見せられるなら、ただライブだけ聞いておきたかった。多分、この間観たさくら学院のライブの構成やMCの完成度が高すぎた所為で、こんなにもエビ中に失望してしまったのだと思う。やっぱり森ハヤシ先生は凄いもの。出過ぎる事なく、どんな球も最低限の笑いには繋がるように打ち返してメンバーの魅力を引き出していたもんなぁ。大人を「先生」という形で出して何かやりたいのであれば、森ハヤシ先生以上の人を見つけてこないと敵わないと思った。そうでないなら、メンバーに自由にやらせたおほうがいいのではー。ヒャダ山田先生による新曲「梅」もまた、びみょーな感じでした。相変わらずの手癖感とメタ曲。今度はももクロさくら学院を意識しているようです。まぁ、そんな中、元SUPER BUTTER DOGの池田貴史にのペンによる「頑張ってる途中」の素晴らしさにはやられた。黄金律だけで構成されているようなオーソドックさに何かが宿ってしまっている。個性、マイクリレー、エビ中の美しさが詰まっている!池ちゃんやるぜ!次のシングルのカップリング予定だとか。後は「また明日」のまっすぐな美しさだけが救いでしたね。




ライブ後、ダイバーシティというのに初めて行ってみたのですが、あそこにある「カルビープラス」は楽しい。その場で揚げたポテトチップスが食べられるのだ!揚げたてのじゃがりこなる「ポテりこ」を食べてみたのですが、めちゃくちゃ美味くてテンション上がりました。

時間がたっちゃうと美味しくなくなっちゃうので、すぐ食べられるこの場でしか提供できないのだそうだ。平成が生み出した最大の発明は「じゃがりこ」と「ポンデリング」なんじゃないかしら。




土曜日はついに不動産屋に足を運ぶ、物件を探し出しました。1軒目に入った所が完全にブラック企業な雰囲気でまいった。社会人1、2年目という感じの若い男の子が3人にちょっとだけ年上の店長が1人。電話が鳴るとお客さんがいようと異常なまでに大きな声で競い合うように取るの。怖い。担当になった子も、トークを盛り上げようとしているのだろうけど、根掘り葉掘りプライベートに踏みこんでくるトークにうんざり。更に店に手持ちの物件がほとんどないらしく、方々の不動産屋に「〜な物件ないですかね?」とざっくりと聞いては「ない」と即切りされている。それが3回続いた所で、「条件を考え直してから改めます」と伝え退席しようとするもなかなか帰してくれなかったなぁ。多分、ついたお客さんを離しちゃうと怒られるんだろな。次はいつ会えるか、電話していいか、としつこく聞いてきくるので、「結構です。気持ちがまとまったらこちらから連絡するから」と再度伝えると、「じゃあ、僕はどうすればいいんですか!?」と泣きそうな顔で言われてしまった。ごめん、ごめんね。まぁ、とにかく初めて入った所がそんなんだったので、不動産屋全てがこんな感じなのだろうと思い込み、絶望していたんですが、勇気を出して入った2軒目は至極まとめで安心いたしました。しかし、アナーキーな物件ばかり気になってしまう。このままでは私は築50年近い建物に住む事になりそうだ。