青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

ラザニアの布団

ブログに書く事が思いつかないので私事。わたしく恥ずかしながら未だに実家暮らしを続けておりまして、しかし先日誕生日を迎え(HAPPY BIRTHDAY おめでとう 自分!)

こいつはいよいよ妙齢だ、という事になり家を追い出される事が決定いたしました。1985なんですぐバレちゃうと思うので公表しますが、27歳。いわゆる後藤まみ世代です。ありがたい実家暮らしもそろそろ終わりだな(@s.l.a.c.k.)、というわけで年内には、いや、もう月内には決めたい勢いで、家を見つけようと躍起になっております。一人暮らしに向けての未熟者へのご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。CDとか漫画とか服とか玩具とかとにかくものが多いものですから、古くて汚くても構わないので、広めの部屋が借りられたらな、と考えております。例えば、最近読み直している山川直人の漫画に出てくるようなアパートでもいいのではないかと。山川先生の漫画に出てくる部屋はどれも古くてボロそうなのだけど、家具の敷き詰められ方や生活の描写からか、とにかく居心地がよさそうでウットリしてしまうのだ。

コーヒーもう一杯(1) (ビームコミックス)

コーヒーもう一杯(1) (ビームコミックス)

を読み込み過ぎて、一人暮らしを始めたら豆を買って珈琲を挽く生活がしたいと思いだしている。冷蔵庫に常備するお茶はどの銘柄にしよう。醤油は、油は、塩は、辛子は、トイレットペーパーは、洗剤は、とか考えていると気が滅入る…どころか僕はそういう事を考えるのが大好きなのであります。一人暮らし始めたては、はり切り過ぎてお洒落な小物やら食器を買い揃えてしまい後悔する、とよく聞くので頑張ってやらないようにする。間接照明はやならい!アロマもやらない!脱法ハーブもやらない!しかし、部屋が決まる前からどのCDを、どの漫画を、どの小説を持っていくべきか、という裁判が心の中で行われており、実に不毛です。『ドラえもん』を置いていくのがあまりに心もとないのだけど、あの量をおけるスペースがあるとは到底思えない。どうすればいいのだろう。安くてたくさん収納できる本棚やCD棚の情報も大募集しています。よろしくお願い致します。



誕生日はラザニアを食べました。ラザニアは大好物なので特別な時に食べるようにしている。『MOTHER2』というRPGゲームがあって、主人公の好物を自由に設定できて、回復したい時はそれを食べるのですが、もちろん「ラザニア」と設定いたしました。イタリア料理でのパスタとピザが世界中に広まっているのは納得なんですが、ちょっと亜流で家庭料理っぽいラザニアがアメリカやイギリスはおろかこんな島国にまで届いてきた事に感謝ですよ。どうやって伝わってきたのか気になるけどもWikipediaには載っていなかった。