青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

ベン・アフレック『アルゴ』

ベン・アフレック『アルゴ』

ちょーおもしろかった。久しぶりに物語に、映画に溺れた。ベン・アフレックは俳優出身からの監督という事で、クリント・イーストウッド御大と比べられる事も多いようなのだけど、3作目にしてこの面白さというのは、決してその名も重くのしかかる事はなさそうであります。ベン・アフレック出演作と言えば、パッと出てくるのは『アルマゲドン』や『パール・ハーバー』といったハリウッド大作なわけですが、何であんなものに出ていてこんなに面白い映画が撮れるのだろうか。しかし、やはりそういった作品に関わっていた事も全てこの『アルゴ』に活きている。この作品は「映画のつく嘘」についての映画だ。その「嘘」というのは「想像力」に置き換えてもかまわない。
反米感情が高まった中で勃発したイラン革命テヘランのアメリカ大使館も占領されてしまうも、何とか逃げ出した6人のアメリカ人。しかし、6人は見つかり次第公開処刑されてしまうだろうし、そんな事が起きたら戦争だ!そんな中ベン・アフレック扮するCIAの救出のスペシャリストが思いついたのがイランをロケ地にした架空のSF映画を企画して、6人をその撮影スタッフと偽り、イランを脱出するというもの。その結末やいかに!?というのが大筋なのだけど、その本当は撮らない架空の映画(『スター・ウォーズ』のパロディ!)を細部まで徹底して作り込むのですね。そこが面白い。そして、「アメリカ合衆国政府は君のSF映画を承認する。」という台詞が飛び出し、涙する。映画のつく嘘が、あまりに不条理な現実の世界を転覆させてしまう、実に痛快でロマンティックな1本だ。『猿の惑星』のメイクで著名なジョン・チェンバースが実名役で登場する。つまり、この映画での「嘘」は「顔」に託される。そうなるとベン・アフレックの顔に覆われた髭も気になってきます。

そして、終盤におけるあの恐ろしきイラン兵たちが架空の映画の絵コンテをうっとりと見つめる、その顔に思わず涙なのです。劇中で徹底されていく「映画の嘘」が、監督ベン・アフレックのそれと同調していき、得も言われぬ興奮を与えてくれる。久しぶりに「手に汗握る」とか書いてみたくなるくらいに緊張と興奮の連続なのだ。正直ちょっと面白過ぎる!ポリティカルドキュメンタリータッチ、業界パロディ、脱出劇、映画愛、ここぞと詰め込んで2時間ダレる事なく魅せてしまう監督の手腕。ベン・アフレックから映画への最高の「アイラブユー」だ。必見。