青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

最近のこと

ずっと風邪をひいているような気がする。1週間以上緩やかにだるくて頭がボーっとしております。しっかし、下でも書いてますがcero素晴らしいですねぇ。「クラウドナイン」でのMC.sirafuの仕事っぷりに痺れる。後、「スマイル」のいかした「スマァァァイル」ってコーラスもシラフさんだろうか。シラフさんのボーカルってなんかアジられちゃうから好きなんですよね。「マウンテンマウンテン」「Contemporary Tokyo Cruise」「さん!」の3曲が荒内さんの作曲というのには驚いた。前作の「あののか」のイメージからもっと渋い曲を作るタイプの人だと思っていたのだけど、めちゃくちゃポップなキラーチューンを作れる人なんだなぁ。橋本さんはceroでは曲作らないのかな。凄い好きなんだよな、橋本さんの曲。ジオラマシーンの音源を待ち続けてます。そうそう、タワーレコード初回入荷分特典音源「あとがきにそえて」が初回特典なのがもったいないくらいに名曲なので、これはタワレコで買うしかないだろー、という感じですよ。特典で1番うれしいのってやっぱり音源ですよね。今年は後、把握しているだけでシャムキャッツと三田村管打団?とOMSBと私立恵比寿中学が出るわけで、邦楽に関しては記録に残る豊作の年なのだな。ちなみに僕が会社の卓上カレンダーに発売日は記入したのはうつくしきひかり、ザ・なつやすみバンド、ceroの3枚やで!そういえば、くるりのニューアルバムは結局ノレないまま放置しちゃってます。




魔法少女まどか☆マギカ』の劇場版前篇後編2本観た。

今更ながらものっそい感動して何か書こうと思ったのだけど、書きあぐねている。何かもう語り尽されてそうだものな。宇多田ヒカルの名曲「誰かの願いが叶うころ」への返答なんじゃないかしら!と思ったのだけど、それももうすでにどこかで書かれていそうだ。とにかく膨大なかつてのカルチャーや事象の死骸の上に成り立っている作品で、あらゆる深読みが可能で、ほんと優秀な作品だ。しかし、ほんと面白かった。後半あまりの情報量とスケールに置いてかれそうになったけど、勢いとエモーションで乗っかれた。あんな凄いもの作ったら、作り手自身が作品を神聖化しちゃいそうなものなのに、劇場版だ、続編だ、スピンオフだ、とコンテンツとして骨までしゃぶりつくそうとしているのが、逆にいいですよね。続編はどう考えても必要ないと思いますが、きっとそこそこ面白いのだろう。この秋のエヴァまどマギを超えてくるのか、心配になってきましたよ。

 

あらゐけいいち『日常』8巻

大変おもしろく読ませて頂きました。ニューウェーブギャグ漫画だなぁ。特に好きだったのはやっぱり「奨励賞 夢 幻の如くなり」ってやつですね。

いやーこれはヤバいですよ。これ書いてる今も笑ってますもの、僕。


最近無性におおひたごうの『おやつ』

おやつ 1 (少年チャンピオン・コミックス)

おやつ 1 (少年チャンピオン・コミックス)

を読み直したい気持ち。中学時代のバイブル。教室で読んだってのを凄い覚えてるのが、おやつパパがティッシュ箱に吸い込まれて四次元の世界に飛び込んじゃうって話。確か四次元の世界の好感度ナンバーワンタレントは柳沢慎吾なんだ。あーオリキャラを応募したい気持ち。


荒川弘銀の匙』5巻

銀の匙 5―Silver Spoon (少年サンデーコミックス)

銀の匙 5―Silver Spoon (少年サンデーコミックス)

安定感があり過ぎて読んでいていまいち興奮しないのですが、面白いですよね。箱庭感(広大だけど)が心地いいし。しかし、まだ1年生なわけで、これは卒業するまで書き続けるのだろうか。でも、後輩とかできるとまた一段と話に幅広がって・・・とか考えると荒川先生であれば無限に続けられそうだ。



ロロの『いつだって可笑しいほど誰もが誰か愛し愛され第三小学校』の再演が決定したそうで、とても楽しみ。最低でも2回は観に行きたいなぁ。『父母姉僕弟君』でのキッドによるポエムにシンガーソングライター倉内太がメロディーをつけたそうな。OTOTOYで150円で配信してます。更に彼のワンマンライブにロロが出演。これは楽しみ。

11月25日(日)下北沢THREE
倉内太と彼のクラスメイト1stアルバム「くりかえして そうなる」発売記念!!!
開場 19:00 開演 19:30 
前売 2000円(+1drink) 当日 2300円(+1drink)
<1部>
*倉内太ソロ弾き語り。
*劇団ロロ主宰、三浦直之演出による音楽×演劇のコラボ!
 ショート音劇「キッドのポエム」上演
<2部>
*倉内太&ネイティブギターによる、
  グレート・ミニマム・ロックンロール・ショー!




鬼ヶ島『地獄への通学路』

今作も面白い。「呪いのビデオ」と「スタディボーイ」が特に素晴らしかった。やっぱり音が面白いトリオだ。コントとか演劇とかのフレームをいじくり倒すクレヴァーさもあって、狂った感じっていうのもかなり計算されたものなのだろうな、と思います。第1回公演も特典で入っているお得さ。1回目の公演から驚くほどに面白い。





宅配ピザのノリで宅配お好み焼きというのはビジネスとして成立しないのでしょうか。お好み焼きめっちゃ食べたいけど、お店に行くと匂いがなかなか強烈に付くのでいまいち足が遠のくのですよね。女性の方などはそういう傾向より強いのでは!だから、宅配で!いや、冷凍食品とかコンビニのお好み焼きもそこそこ美味しいとは思いますけどね、食いたいねん、気軽に焼きたてのお好み焼き食いたいねん。





サブウェイ美味しいですよね。なんだかんだで「ベジーデライト」かそこにアボガドを入れた「アボガドベジ」で充分だと思います。そこで1つお伝えしておきたいのは。「ベジーデライト」だとオススメの調味料はオイル&ビネガーに塩胡椒なのですが、アボガドが入るやいなやワサビ醤油というのをオススメしてきます。しかぁし、アボガドが入ろうがオイル&ビネガーに塩胡椒のが絶対美味しい!これ絶対!たぶん、絶対。なので、「アボガドベジ」を頼んでワサビ醤油を薦められても「いえ、オイル&ビネガーで!」と言える勇気を持ちましょう。「野菜多め」と頼むとかなりこんもり入れてくれるのですが、店によって量はかなりまちまちです。「上限で」と頼むといいのかもしれませんが、それは恥ずかしくてできません。諦めてギャンブル精神で楽しみましょう。