青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

五反田団『すてるたび』

五反田団『すてるたび』の再演を観てきた。

五反田団は主催の前田司郎の自宅(?)が「アトリエヘリコプター」という劇場になっているので、わりとフラットに代表作の再演を行ってくれるので、ありがたい。自ら代表作と謳っている『すてるたび』ですが、紛うことなき傑作。椅子4つと身体4つ、それだけを使って「見立て」を駆使して、めくるめく夢世界を展開していた。演劇の凄味、そしてプリミティブな喜び、というのを真っ当に体感できる作品だ。「見立て」の不確かさが、世の中のフレームを1つずつはがしていく。色濃い生死と性愛の匂いに酔いながらも、巧妙に配置された脱力したギャグにゲラゲラ笑っている内に、気づけば「父殺し」だの「母体回帰」だの神話じみたプロットまで体感している事に驚く。そして、世界の圧倒的な不確かさに気づかされ、また人間の意識の可能性に胸が躍る。世界なんて1枚の布のようなものだ、というような気づき。素晴らしき演劇体験だ。こんな事を無茶苦茶軽やか(に見える)にやってのけるのだから、やっぱり前田司郎は孤高の存在だ。


菊地成孔だったかが、映画を観る理由として「夢の再現性」といった旨の事を挙げていたのだけど、それならば五反田団のこの作品を観て欲しいな、と思った。夢の都合のよさ、不確かさ、質感、温度とかかなりリアルに再現されていたのではないだろうか。ところでTHE SHAMPOO HATの黒田大輔は何で五反田団の劇員ではないのだろう。