青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

MAHOΩ&ホライズン山下宅配便 LIVE in 吉祥寺スターパインズ

吉祥寺スターパインズカフェのライブイベント『何か出る』が楽しかったのだ。出演はMAHOΩ、荒川ケンタウロス、ホライズン山下宅配便、THIS IS PANIC、そしてDJが庄司信也にやついいちろうエレキコミック)。1番手はMAHOΩ!ライブハウス仕様。素晴らしかった。ザ・なつやすみバンドとMAHOΩの2バンドに日本のポッポスの未来を預けてしまうべきだ。ドラマ主題歌でもCMソングでもアニメソングでも何でもいいのだけど、ポップソングって昔はもっと僕らにトキメキをくれたような気がするんですよ。そんでももって生活にも記憶にも根付いていたはず。そんなポップソングと僕らのロマンチックな関係に再び明かりを灯してくれそうなバンドなのだ、MAHOΩは。「僕らに愛を!」は21世紀の「ラムのラブソング」だ!とぶちまけたくなるし、東京メトロのCMソング(希望)でありオザケンライクなポップチューン「乙女のたしなみ」、呉田軽穂松本隆のコンビのライティングを彷彿させる「狐の嫁入り」の素晴らしさなんてどうだろう。ソウルやファンクが曲の裏側で沸々しているのがまた心奪われてしまうのだな。音色がね、やっぱりいいんですよ。Goro Goloとフジロッ久(仮)のスター鍵盤プレイヤーはるかと森川あづさの2人がキーボードで揃い踏みしているだけで凄い。あの2人が曲のフレームをキッチュにファンキーに作り上げている。そして、何度も書いてしつこいがファンタスタスの素晴らしきドラマーミニースターダストがそのフレーフを更に広げて跳ね上げる。この方はどのバンドでも観ても最高に楽しそうに歌いながら叩いている。会場でもTRFがかかろうとOASISがかかろうと笑顔で踊ってました。ミュージックラヴァーなのだなぁ。日と蒔くのキムラヨシヒロとの相性もばっちり。そして、カッティングとハーモニーで楽曲に彩りを添える2人のギタリストの正体を把握していなかったのですが、1人はayU tokiO teamのイノツメアユ(MAHOΩのもう1人のソングライターでもあるそう)、もう1人はボンボンスパイラルのナナエだったのですね。どちらもそれぞれのユニットではフロントマンなのだ。どうりでコーラスが上手。そして、やっぱり華のあるフロントマンのじゅんじゅん(柴田聡子のアルバムでのコーラスやカメラ=万年筆のゲストボーカルなどでもお馴染み)とMAX(from Wienners )。彼女達が登場して会場から「かわいー」という声が漏れるのを聞かない日はないでしょう。ダンスの時、無表情なのがいいんだよなぁ。

衣装といい、設定といい、コンセプチャルで美学を感じます。というかスター集団だな、MAHOΩ!とりあえず今、ポップソングの魔法を体感したいならMAHOΩに決まりだ。




で、ホライズン山下宅配便ですよ!

音源は『りぼん』はもちろん、過去作もチラホラ聞いているのですが、ライブには1度しか行った事がなかったのです。なんか内輪で「わかりにくいことはなんてかっこいいんだろう」みたいに盛り上がっている、なんてイメージを勝手に抱いていて、いまいち足が伸びなかったんです、実は。でも、ほんと謝罪したいす。むちゃかっこいいです。楽器の音が音源と違いますね。リズム隊も素晴らしいのだけど、伴瀬朝彦のギターの音にはちょっとやられてしまった。かっこいい。。黒岡マサヒロのパフォーマンスは談志が言う所のイリュージョンみたいだったな。理解が追いつく前に、どんどんイメージが飛んでくるような。扉をどんどん開けられていくような感覚。不条理なこの世界に不条理でもって対抗して、扉を開けてまた別の不条理な世界に辿り着く、というとにかく不条理な、ドンキホーテ的なものを彼に感じました。でも、不条理ながらその扉を開ける瞬間だけは、本当に鮮明で眩しいのだ。MCもめっちゃおもしろくて大いに笑わされる。この日の「期待」の演奏はMAHOΩの女性陣6人を従えてのパフォーマンス(ハンバーグを食べMAHOΩだ!)でして、黒岡さんが1人ずつに英語でニックネームをつけていったんですが、赤いベレー帽をかぶった方(ナナエさん)を「レッドホットチリペッパーズ」と命名したんですね。これにはやられた。あー文章で伝わるのでしょうか!この言葉をはじきだすまでのスピードと強さが。ちなみにじゅんじゅんのニックネームは「ディクショナリー(辞書)」でした。