青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

北野武『アウトレイジ ビヨンド』

北野武アウトレイジ ビヨンド』を観た。

北野武アウトレイジ ビヨンド』を観た。映像作家北野武の孤高の存在を改めて認識させられました。道だとか車だとか黒だとか、会話と共に加速する小気味いいカッティングだとか達観したかのようなロングショットだとか。しかもそれでいて呆れるくらいに面白い。思わず「面白過ぎる」と2回つぶやいた。高いエンターテイメント性をキープしたまま映像作家としての才能も見せつけるという今までない離れ業を成し遂る北野武フィルモグラフィーの中でも稀有な1本ではないだろうか。


海からつり上げら、中から液体が流れ出している見るからに不穏なヌメっとした黒塗りの車。そこに赤い文字で浮かび上がる「OUTRAGE BEYOND」、前作同様にタイトルカットからして身震いのする格好よさである。とにかくこのカットがこの作品を象徴しているように思う。黒に浮かび上がる赤。ハワード・ホークスの傑作『暗黒街の顔役』から着想したのではないかと思われる「殺し方博覧会」の体裁をもった前作『アウトレイジ』以上に死体の数は多い。しかし、今作での「暴力」からはユーモラスさが削がれており(強いて言えばバッティングセンターでの暴力は前作を想わせる)、無機質さが際立っている。また、話が進むに連れ、登場人物の思惑が絡まり過ぎ、観る者はどこに感情移入すればいいのかわからなくなる。感情が消えてくるのだ。そうすると、柳島克己のカメラによる素晴らしき青黒い画面に身を沈めるしかないわけだが、そのモノトーンの中(大友のスーツが白→グレー→黒と徐々に色濃くなっていくのも見逃せない)に唯一活き活きとした「赤」が躍動している事に気づく。感情から解放され、ただただ魅力的な運動としての暴力がまき散らす血の赤。その運動の最大の担い手は役名すらわからない(クレジットには「城」とある)ヒットマン高橋克典。彼が実に痛快な活劇を魅せてくれる。

しかも彼は「面の割れていない野郎」だ。顔すらない、一音ですら言葉を発しない何者かが画面で躍動しているのだ。ありきたりな形容だが、「幽霊」のような何かが。もちろん北野武演じる大友も幽霊の1人だろう。北野武が浮かび上がらせたのは、絆なき、愛なき、感情なき世界。確かなのは流れる血の赤だけである。ときに、今作には「裏切り」とか「大友の腹刺し」とか「木村の指詰め」とか「ドリル」とか「野球」とか前作からのモチーフのループがいくつか見られる。ラスト、その元凶とも言える男に弾を撃ち込む事で、ループは崩れ去る。そして、アウトレイジ(怒り=感情)のその先(ビヨンド)へ。北野武のネクストステージの始まりだ。