青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

最近のこと 貧乏くじばっかだよ

最近のこと。もうすぐ京都に行く!もんだからウキウキ。ロロを観に行きますよ、ロロを。京都へ!2回くらいは観たいと思っていたのだけど、スケジュール的に1回しか観られない。残念。その分、京都を満喫したいと思います。 


『ゴッドタン』の「キス我慢選手権」にハイバイの岩井秀人(みんな大好き『桐嶋、部活やめるってよ』の映画部顧問の先生ですよ!)とマームとジプシー(によく出ている)の尾野島慎太郎が出ていた。以前も劇団ハイバイが丸っと出てきたり、ナカゴーの篠原正明が出ていたりした、どうやら佐久間プロデューサーはAV女優ファンであると共に演劇ファンらしい。佐久間P!どうか次はロロをお願いします!しかし、肝心の「キス我慢選手権」がソフトとして限界のような。「キス我慢選手権」っていうフレームを、劇団ひとりとみひろのエチュードが広げて、物語がのっかる感じがたまらなく面白かったんですけど、もう演者にも視聴者にも「キス我慢選手権」はこういうものだ、というのが頭にあるから、はみ出る感じがないんですな。今回、岩井さんの迫真の演技でかなり生き返った感じはしましたが。ほんと最初の数回の劇団ひとりのとみひろの「キス我慢選手権」の刺激的な面白さは歴史に残るぜよ。

ゴッドタン~キス我慢選手権 完全版~ [DVD]

ゴッドタン~キス我慢選手権 完全版~ [DVD]


北野武の新作が間もなく公開するので、もうソワソワしている。公開初日にでも駆けつけたいものだが、京都に行くので我慢。『アウトレイジ

アウトレイジ [DVD]

アウトレイジ [DVD]

はたまらず2回劇場に足を運んだので、今回は3回は行きたいものです。でも、水野(椎名桔平)がいないんだよなぁ。『アウトレイジ』は水野に尽きた。彼の死に際のブルーと風は突然過去の北野作品が挨拶してきたようでハッとしたものだ。後、死ぬ前の水野のセックス。あの荒れくれ者がどんだけ激しいのピストンを披露してくれるのか、と期待していたら、椎名桔平はネットリした大人のスローセックスを提示してきたのである。一緒に観た友人は劇場を出たらすっかり大人の顔になっちまってたよ。あー『アウトレイジ ビヨンド』楽しみだ。予告編の段階で「野球やろうか」とかなんかもう最高の台詞が飛び出しているし、期待しかない!


阿佐ヶ谷ザムザで子供鉅人という大阪をベースにした劇団の『幕末スープレックス』を観る。

大阪では東京でいう快快のような劇団との話だったが、個人的な印象でいうとぬいぐるみハンターっぽかった。つまりいまいち肌に合わない。根底に流れるマインドやエネルギーは素晴らしいと思うのだけど、あまりに細部がおざなり、というか脚本も演出も粗くて乗り切れなかった。とにかくギャグがひどい。言葉の選び方とか発話の仕方とか間とかあんなものでいいはずはない。笑わせる意図がないというなら話は別だと思いますが。とりあえず、あんなにも歌い踊る今作はもっと広い所で観たらもっと楽しそうだ。ザムザという劇場では身体も演奏(生演奏!)もとにかく窮屈そうで気の毒だった。役者も華がないなぁ、と最初は思っていたのだけど劇が進むにつれ、キキ花香、小中太、億なつきの3姉妹から目が離せなくなったので、華はある!



最近、木皿泉祭りが開催中で『Q10』の次は『野ブタ。をプロデュース』を観ている。

野ブタ。をプロデュース Vol.1 [DVD]

野ブタ。をプロデュース Vol.1 [DVD]

素晴らしき佐藤健くんの後に、同じような顔の亀梨くんを観るのは、やや辛いか、と思いつつも、あの桐谷修司という役はほんとハマり役ですよね。当て書きなんじゃないかと疑うくらいに。『桐嶋、部活やめるってよ』は『野ブタ。をプロデュース』で補完されるのではないか、という仮説を立てて見返しているのですけど、1話目にして桐谷が

生きなきゃなんないんだから、俺たちは、このちっぽけな学校の中でさ

という台詞を放つものだからゾクっとしましたね。しかし、『野ブタ。をプロデュース』傑作だなぁ。まだ4話だけど、ずっとプルプルしてる。



モー娘。の新曲かっけー



後、ここ最近の出来事と言えばかれこれ10年ほど商品の黎明期から舐め続けてきたミンティアを断った事ですね。大学受験から社会人まで、私のストレスと共にあったミンティア。さよなら。社会人になってからはもうストレスがひどいのか1日1箱ペースで頼ってたので、なかなか最初は辛かったけども、ガムなら100円で3日はもつ事に気づき変えました。浮いたお金でテニスコートを買いたいと思います。