青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

『Pop Underground Showcase 2012』in渋谷o-nest

木曜日、渋谷o-eastで『pop underground showcase』のラインナップ、高城晶平とやさしい人たち、Say Good-Bye!(Hara Kazutoshi & Gellers)、core of bellsというなかなかイカしたスリーマンライブを観る。


1番手は高城晶平とやさしい人たち。ceroのフロントマン高城晶平がギター&ボーカル、やさしい人たちはベースに河合一尊(ホライズン山下宅配便)、ドラムにミニースターダスト(ファンタスタス)、二胡とに吉田悠樹(NRQ)、キーボードissy(片想い)という布陣。アーバンメロウファンキーミュージック!「水平線のバラード」(ceroの2ndアルバムにも収録!)からスタート。ミニーさんの最高に跳ねたドラムビートとカッティングギターでアレンジの変わった「明日の天使」に「ストーリーテラー」、既にどれも堂々と名曲然とした佇まいです。お馴染のMiliam「spring chimes」のカバーもバッチリ。Miliamというのは坂本龍一のラジオに投稿してコンピレーションアルバムにも収録されたアーティストらしい。歌詞の雰囲気などもとても高城さんっぽくて、彼のオリジナル楽曲のようだ。Miliamの消息はネット等にもほとんどないらしく、いつもライブで情報提供者を求めている。もしかたら忘れているだけでこれを読んでいるあなたがMiliamなのかもしれません。高城さんはソロの時のが歌がパーソナルでエモい。そして根本的に歌の上手い人なんだ、ってのを再認識させられます。そういえば、昨年の8月頃に池袋オルグでのソロライブではNRQの面々を従えてs.l.a.c.k.の「Next」を披露していて、「東京ミュージックシーンのエポックメイキングな瞬間だ!」と興奮したわけですが、この日はEVIS BEATS feat.田我流「ゆれる」をカバー。


甲府の田我流から東京のシティボーイへ、歌が繋がった。どちらかと言えば、s.l.a.c.k.のほうが高城さんの声に合っていたような気もしますが、やはりあの曲のリリックはアガります。演奏のメロウさもピークに。なんとこの曲ではギターを吉田悠樹さんが弾いておりました。


2番手はHara Kazutoshi とThe Gellersの混合バンドSay Good-Bye!「セイグバ」と略すのが正しいやり方のようです。どちらもしっかり観た事がなかったので新鮮だった。The Gellersはもっとグチャっとしているのかと思いきや、ベーシストの職人のような安定感を始めとして、意外と聞きやすい演奏だった。トクマルシューゴがソロの時より楽しそうでよかった。凄いやつれていたけど。Hara Kazutoshi本人の雰囲気(おもしろい)と楽曲のかっこつけていない感じがとてもよかったので、ソロアルバム「楽しい暮らし」今度買おうと思います。



3番手はcore of bells。余興なし、演奏に集中したバンドの底力を魅せつけられました。かっこよかった。何歌っているかわからないし、ハードコアって音楽自体馴染がないのだけど、なんか一線を超えてグワっと踏み込んで来る瞬間がある。笑顔になってしまう。演奏に集中した、と書いたけども、休憩の度にビールを1缶飲み干し床に投げつけるってパフォーマンスをやっていて、最後フラフラになってた。アホだ。core of bellsは過酷に楽しそうでいい。イッショウトモダチ、って感じだ!