青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

moscow club というバンド

moscow clubというバンドの音源がかっこよくて最近よく聞いております。
http://wearemoscowclub.bandcamp.com/indexpage
驚くべき事にほぼ全ての音源がbandcampでフリーダウンロードできてしまうのだ。そういう時代なんだなぁ。フィジカルでも1枚リリースしているらしいのだけど、いまいちどうやって購入できるのかわからない。というかこの人達が何者なのかさっぱりわからない。「moscow club」とgogleで検索してみると、もちろん最初にロシア語が飛びしてくる。「moscow club バンド」とか入力してみて、なんとか東京出身の4人組のバンドである事だけはわかった。ライブも普通に東京で行っているらしい。HPは実にクールなデザイン。そして、ほとんど日本語を発見できない。歌詞も全て英語のようだ。海外志向なのだろうか。EPのジャケットもいちいちいかしている。






しかし、徹底したバンドイメージの統制だ。お見事。ここまでかっこつけられると、素直にかっこいいと思ってしまう。サウンドもおよそ日本人が鳴らしているとは思えない、海の向こうのインディーズシーンとの鮮やかなリンクを見せている。また、名盤ガイドを読み込みました!という感じにちょっと懐かしいサウンドスタイルもミックスされている。ニューウェーブ、シューゲイズ、チルウェイブ(音源にはTORO Y MOIのカバー曲などもあり)etc・・・なんかジャンル名とかよくわかりませんが、そういう感じです。印象的なシンセサイザーの音色の選択判断とネオアコ経由といった感じの美しいメロディーが、見事に多彩なサウンドに統一感をもたらしている。更には、おそらく現在の最新音源であるEP『RADIO VIETNAM e.p.』なんかはちょっと日本人っぽさも感じとれていい塩梅なのだ。間違いなく、海の向こうのインディーバンド群と比べても圧倒的にいい曲を書いている。


いや、でも正直「米と味噌食っておいて、どんな音鳴らしているのだ!?」と思ったりもする。演奏者の生活の香りがしないのよね。個人的には生活に軸を置いた音楽が最近は好みだったりするのだけど、なんかこうミュージシャンの「クールネス」の復権もまた一方で必要な気がしている。憧れたい。フリッパーズギターに憧れてボーダーシャツを求め、アニエスベーにおそるおそる足を運んでみる、みたいな恥ずかしい運動をリスナーに作用させてしまうバンドが必要ではないだろうか。だって僕が高校生だったらmoscow clubのEPのジャケットのポスターを部屋に飾りたいよ(恥ずかしい)!なんなら小沢と小山田がORNGE JUCEのジャケットをコピーして持ち歩いていたようにmoscow clubのジャケットを持ち歩こうではないか、若者よ。そろそろそういう存在をフリッパーズギターから更新してもいいのだ。riddim saunterなき今、その役割はこのmoscow clubに託されるのではないでしょうか。



追記:コメントで頂いた情報で、moscow clubのギターはあのミツメのギタリスト大竹雅生だそうです。どうりでいいバンドです。