青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

Chilly Gonzales 『Solo Piano 2』

Chilly Gonzales『Solo Piano 2』を聞いた。

Solo Piano II

Solo Piano II

7年前にリリースされた『Solo Piano』
Solo Piano

Solo Piano

は心のベスト10入り間違いなしの愛聴盤であります。美しさと深遠さを湛えたピアノ1台で録音されたアルバム。上がり切らず下がり切らず、感情の振り幅から解放された、どこでもない場所を鳴らしているような音。どこかまとまりがなく、たゆたう凪のような。何も考えたくない時間に流すのに最適の音楽。しかし、ヒーリングミュージックのようなものかと言われると、ちょっと違うのだ。言葉は悪いが、あのアルバムはちょっとした不気味さを醸し出しているように思える。鍵盤を叩く音まで生々しく録音されているのだけど、聞いていると、このピアノを弾いている人間が本当に生きているのかがわからなくなる。そう、まるで幽霊がピアノを弾いているのではないかという気持ちになるのだ。どこでもない場所で。しかし、とても近くで。Gonzalesはこのアルバムにおいてちょっとした生と死を超越した彼岸に立って演奏しているように思えるのだ。Gonzalesというのは現代のエリック・サティはたまたラヴェルなどと呼ばれおきながら、アルバムごとにエレクトロ、ヒップホップ、オーケストラなど、多彩にサウンドを使い分け、更にはBjorkDaft PunkJane BirkinFeistといったビッグネームのプロデュースも務めてしまう鬼才。天才が突如たどり着いてしまった彼岸で鳴らされたアルバムなのかもしれない。

そして、出るとは思っていなかった『Solo Piano』の続編がついにリリースされた。これは録音形態は似ているものの、別物として聞くのが正しいように思う。彼岸で鳴っているような音楽ではない。進行は複雑かつキャッチーで、楽曲としての完成度が前作より遥に向上している。聞く人の感情をリフトアップさせようという意志が感じられる人間らしいアルバムだ。時にミニマルに優しく、時に感情的を叩きつけるように弾かれる鍵盤。Gonzalesのピアノを弾く事への喜びが音から感じとる事ができる。個人的な好みと鑑賞耐久度で言えば前作という事になるのだけど、墓場まで連れて行けるような印象的なフレーズの多さで言えば圧倒的な今作に軍配が上がるだろう。名盤と読んで差し支えないのピアノアルバムがまた1枚誕生した。