青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

ザ・なつやすみバンドLIVE映像

ザ・なつやすみバンドからのちょっと遅いお中元が届いた。



あの素晴らしきワンマンライブin下北沢440の映像!撮影はvideotapemusic。「パラード」「なつやすみ(終)」「波」ですよ!あわあわ。ついに名曲「パラード」が世に放たれる。しかも、弦楽四重奏バージョンですよ。ヴァイオリン、ヴィオラ、チェラの響きとロックンロールの融合。お金があるわけでもない所謂インディーズバンドにこんな音楽的豊潤さが宿った一夜があったのだ。それは希望なのかもしれないよ!
しかし、どうですか?パラード。前にも書いたんですけど、これぞ「バッハの旋律を夜に聞いたせいで」生まれてきたような楽曲ではないですか!?聞いてみて真偽を確かめてみて欲しいぜ。ちなみに「パラード」という曲名はエリック・サティがバレエ(脚本:ジャン・コクトー、衣装:パブロ・ピカソですって!)に書き下ろした管弦組曲ですが、作曲の中川理沙さんはその存在を知らずに作り上げたそうです。さすが天才。「波」は廃盤の『なつやすみの誘惑』に収録されていた楽曲。バンド史上最大のスケール感をもった楽曲が1stアルバムには未収録なのだから、まだまだポテンシャルを秘めたバンドであります。後、「サマーゾンビ」と「めくらまし!」が控えているわけです。どっちもちょっと凄いんですよ。ネクストレベル。クラムボンとか空気公団とかよく言われていると思うんですけど、なんかもっと大衆的な、例えばaikoとか椎名林檎とかそういうポップス界のフィールドに彼女達は立つんじゃないかしら、と真剣に思えてきているのですよ。とにかく、これはうれしいプレゼントです。観て、聞き倒しましょう。