青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

The Teenagersというバンド


The Teenagersというバンドを今の若い子達は知っているのだろうか、とふと思ったのだけど、1stアルバムが出たのは2008年なのでわずか4年前なのですね。この4年間で自分も世間もすっかり変わってしまったので、とても長い月日が経ったような気がしてしまう。The Teenagersというのは、KlaxonsとかPhonexが音楽シーンの最新であった頃、鳴り物入りでデビューしたロンドン在住のフランス人バンド。そのナードな佇まい、チープなシンセサイザーの音色、甘いメロディ、無気力でポエトリーチックな歌、ソフィア・コッポラ直系な雰囲気物PV、Kitsuneから12インチをリリースという経歴、そして下品だけど、可愛げ気があって、でもやっぱり内容のない歌詞。「ナイスなおっぱいのアメリカ女とやったぜ!まるでBlink182の曲のようだ、夢が叶った、完璧にね!」と歌う「Homecoming」

「僕は知っているよ、君は84年生まれで、デンマークポーランドのハーフなんだよね」など、憧れのスカーレット・ヨハンソンの経歴等をボソボソつぶやき、サビでは「多重婚とか、まじで俺は気にしないから、ねぇねぇ、結婚してよ!」と歌う頭のおかしい「Starlett Johansson」

最高だ。若い子が夢中になってしまう要素に溢れている。俺たちの音楽!たしか当時は『SNOOZER』でも田中亮太氏だけが絶賛していた記憶があります。今、改めて聞くと、女の子への飽くなき憧憬が、実にロマンティックに響いてくるじゃあないか。当時の彼らは本当にただ無邪気な態度だったのだろうけど、もし今こういう表現をするバンドがいたら、勝手に強い意志とかを感じてしまいそう。時代って怖い。

Reality Check

Reality Check

残念ながら唯一のこのアルバムはちょっとサウンド的に面白みがないので、Merokからリリースされた2枚のシングル(ようは上の2曲)で充分です。