青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

『POP SONG 2 U』in 西麻布eleven

西麻布elevenにて開催されたTomato n’ Pineのイベント『POP SONG 2 U』に行ってきた。出演は住所不定無職、ライムベリー、Tomato n’ Pine、そしてDJ3組で17:00〜22:00の5時間ぶっ通しのパーティーです。電波も繋がらない中、孤独と闘いつつも、楽しむことができました。1番手はキラーチューンエクスプロ―ジョンズこと住所不定無職。

安心した。カジヒデキヒダカトオルイルリメらにプロデュースされた音源『トーキョー・ポップンポール・スタンダードNo.1フロム・トーキョー!!!』(名盤!)を発表し、数々のライブをこなしてきた、住所不定無職の演奏技術は全く向上していなかった!最高だ。リズムキープという概念はないらしい。とにかく走るユリナちゃんのドラミング。途中でゾンビーズ子ちゃんにドラムが交代するも、更に走ること走ること!そうなってくるとヨーコちゃんのベースが追いつけるわけもなく、リズムがガッタガタでありました。「ロックンンロール・マルチまがい商法」「ドゥーワッパ!」なんてどこに行ってしまうのか、の境地。住所不定無職としての初ライブから数えて5年目。しかし、今もなお「JAKAJAAAAAN!!!!!」と初めて楽器を鳴らした時の興奮と鮮度が消えていない奇跡。演奏はガタガタなのに、楽曲自体はこれでもかとキラーチューンとして輝いているのだから恐ろしい。歪さの中にある美しさというのは本当に眩しいものだ。そういえば、「あの娘のaiko」でもってフジテレビの「僕らの音楽」に出演するそうな。



2番手はライムベリー。

話題の中学生ラップユニット。「ポチっとな」の掛け声と共に鳴り出すビートの本格的な香りに驚く。思いっきりさんぴん、LBネイション直系のオールドスクールで、新鮮でした。音源はチラっと試聴しただけなのですが、ライブで聞くほうが声がブリブリしていなくて好み。ヒップヒップダンスもかわいい。フロアはとにかく死ぬほど盛り上がっていましたね。これは確かにかっこいいもんなー。



3番手はTomato n’ Pine

ダンスも歌唱もトークも、パフォーマンスに目を見張るものは今のところないと思う。しかし、言うまでもなく楽曲が素晴らしい。あの楽曲がelevenの本格的なサウンドシステムで鳴るのだから幸福感で満たされてしまうのは当然だ。そして、圧倒的にルックスがキュート。エース小池唯はこの日は体調が優れなかったようで異様にアンニュイなパフォーマンスだったのだけど、あれはあれでセクシーでした。ライブ中はトマパイを辞めたくて仕方ないのではないか、と心配でならなかったのだけど、そうではないようなので安心しました。まぁ、とにかくこの日はWADAちゃんに尽きる。あのお団子ヘアーやばいぜ。何年か前に中野のTSUTAYAでパフォーマンスをしているのを見かけた時は元気のいいムチっとした女子高生くらいの印象だったのに、その陽性のパワーはそのままに、何だかすっかり垢ぬけてしまっていて、本当に美しかったですよ。天使、WADAちゃん、マジ天使。WADAちゃんの「ワナダンス」に狂喜し、「キャプテンは君だ!」で泣く。「踊れカルナヴァル」「そして寝る間もなくソリチュード」などの初聞きの新曲も安心のクオリティで、間もなく発売の1stアルバムが楽しみで仕方ありません。と言う事で、アルバム予約特典として握手会にも参加してきました。何も話す事が思いつかなかったので、「アルバム楽しみにしています」としか言えませんでした。