青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

ホセ・ルイス・ゲリン『ベルタのモチーフ』『影の列車』

イメージフォーラムで開催されているホセ・ルイス・ゲリン映画祭の初日に『ベルタのモチーフ』『影の列車』の二本を鑑賞してきた。会場に着くと大行列。ゲリンの人気を思い知る。*12010年に公開された圧倒的な傑作『シルヴィアのいる街で』

に打ちのめされたものの他の作品を見る機会が日本ではほとんどないわけで、ここに多くの人が駆けつけるのは当然の現象であります。



ベルタのモチーフ』は長く続いていく地平線と道の画、少女の現実と幻想の融解などからもヴィクトル・エリセの『ミツバチのささやき』『エル・スール』を彷彿をさせる習作。監督の長編デビュー作であり20年以上前の作品だそうだ。エリセの作品群より少女の年齢設定をやや高めにしたためか、異様にエロティックに撮ってあった。ベルタのモチーフとは何だったのか。閉鎖された空間における円の運動であろう。自転車、車、少女の丸み、珈琲メーカー、扇風機etc。三角帽のみが、円であり三角でもあった。
とにかく圧巻だったのは『影の列車』である。ゲリンの「映画生誕100周年に向けた、光と影と音だけで作った個人的なオマージュ」という言葉にふさわしい、映像と音のマジックにまどろんだ。映画は、70年前に撮影された傷だらけに劣化した20分のファミリームービーで始まる。ラヴェルドビュッシーなどの美しいピアノ曲の伴奏と共に映し出される家族の幸せの風景。圧倒的な幸福感。もう存在しない人達の映像。そして、映画は(おそらく)現在に移り、フィルムに映っていた家族が住んでいた屋敷が映し出される。無人の屋敷に入り込む影や音。序盤のフィルムの幸福感と対比するように圧倒的な恐怖感でもって撮られる影に息を呑む。雨が降る。雨によって、これまで屋敷に染み込んだ記憶や音が再生される。序盤に観た、家族フィルムが様々な角度でもって繰り返し再生される。幸せな家族の風景とはまた別の側面、例えば潜んだロマンスなどを、をあぶり出すかのように繰り返される。家族の風景が生活の風景に。音と映像の融解にすっかり陶酔感でいっぱいになっていると、気付けば画面には、もう死んでいるはずの人々の生があまりに活き活きと浮かび上がっている。これがこの映画のマジックだ。この作品を観て想起したのがマームとジプシーという劇団で用いられるリフレイン。うつくしきひかりの旧グッゲンハイム邸でのライブ。高野文子の名作『奥村さんの茄子』におけるアングルの調節での真理への到達。

棒がいっぽん (Mag comics)

棒がいっぽん (Mag comics)

または古いSP盤をノイズと共にサンプリングし、ピアノと共にかつての記憶や空気を再生させるかのようなアンビエントミュージックを奏でるThe Caretkerの『An Empty Bliss Beyond This World』というアルバム。
Empty Bliss Beyond This World

Empty Bliss Beyond This World

実はどれも最近のフェイバリットなものばかりなわけで、『影の列車』もその仲間入りを果たしそうだ。どの作品にも共通するのが光と影、そしてと喪失と再生だ。そして、記憶。失ってしまったものへの取り扱いの敬意。これが私を夢中にさせるアーティストに共通する意識の高さだと思っている。

*1:と言ってもいささかイメージフォーラムの手際の悪さも手伝っていると思う。フリーパスとか前売り券を買っても行列に並んで立ち見の可能性もあるというのは少しかわいそう。