青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

総選挙のこと、オススメ動画

この景色をもう1度見たかった

ってなかなか言えないよね、神話みたいだよね。かっこいいなぁ。

AKB総選挙、家に帰ったら間に合わないので漫画喫茶入ってまで見ましたよ。同じ事をしている人がたくさんいたようで、順位が発表される度に歓声が上がっていました。「総選挙」という言い方が発明だったと思うのですけど、そこにひっかけて、「貴重な電力を使って放送しているテレビではもっと報道すべき事があるはずだ」とかドヤ顔でつぶやいているのが、メディアアクティビストとか名乗っている上、かつてはエンターテイメント界に関わっていた人間なのだから驚く。ツッコミどころがありすぎて怖い。普通のおっさんの発言みたい。しかし、大島優子高橋みなみの顔があまりに疲れきっているが心配ですよね。あんな背負いきった顔した20代前半がいるのか。指原萌乃のなんだかんで応援したくなってしまう佇まいも天才的だと思う。篠田麻里子の余裕と言いますか、AKB全体を眺めていて、批評軸みたいなものを自分で作り上げて、AKBの鮮度を保とうとする姿勢がクール。頭のいい人だ。そして、私はやっぱり前田敦子推しだなぁ。DVDで『DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る』見直しちゃったし。

孤独なモンスター敦子には幸せになってもらいたい。あのスカートの裾をギューっと掴む仕草、漫画みたいでかわいい。しかし、みんなが変なテンションになっている凄まじいエンターテイメントショーですね。演説を聞いていると「大丈夫、心配しないで」「夢で終わらせないよ」とかファンの人達もいちいちイケメンで、まじで異空間に突入しているのですな、総選挙というのは。それにしても、多分むちゃくちゃ叩かれているんでしょうけど、フジテレビのあの中継時間切れは編成とかタイムキーパーのトップの首が飛ぶレベルのミスですよね。茂木にふる時間さえカットしておけば、前田、大島の絡みを存分に楽しめたのに!茂木さえ!




大場つぐみ小畑健『BAKUMAN』の19巻

バクマン。 19 (ジャンプコミックス)

バクマン。 19 (ジャンプコミックス)

あいかわらずの真っすぐのエモさでウルっときてしまう。いよいよ次巻でラストでしょうか。次はガモウひろしの絵でエグいの読みたい。




よしながふみきのう何食べた?』の6巻もよかった。

きのう何食べた?(6) (モーニング KC)

きのう何食べた?(6) (モーニング KC)

よしながふみは延々とループさせられる構造の漫画でもきちんと時の流れを書いていて偉い。シロさん1巻から比べるとずいぶん老けたもんね。43話の草野球観に行く話とか効いてくるよなぁ。後、シロさんがアイドル大好きで、その時だけテンション変わるとこがとても好きです。献立としてはコンビーフオニオントースト作りたいと思いました。





家で中田秀夫『リング』を見直す。

リング [DVD]

リング [DVD]

中学生くらいの頃ってほとんど映画見てなかったんですけど、所謂Jホラーと呼ばれる一連の作品は結構見ているんですよね。『らせん』『リング2』『死国』『仄暗い水の底から』『呪怨』あたりまではクオリティ高かったけど、『着信アリ』『サイレン』あたりからかなり厳しい出来になってきた印象です。特に好きだった栗山千秋の映画デビュー作『死国
死国 [DVD]

死国 [DVD]

って調べてみたら監督は『少女たちの羅針盤』の長崎俊一で撮影は岩井俊二作品でお馴染の篠田昇なんですね。クオリティ高いわけだ。中田秀夫は『女優霊』
女優霊 [DVD]

女優霊 [DVD]

が1番いいと思うけど、『仄暗い水の底から』も好きだった。暗い話のエンディングテーマがスガシカオの「青空」だったのが中学生ながら心に残っています。Jホラーの画面の色合いとか当時の日本がダメになっていく感じが反映されていて鬱屈とするんですけど、テレビドラマのクソ明るい色合いよりそちらに魅かれていたのも事実。暗い子供だったのかもしれない。




最近のオススメ動画。
THE OTOGIBANASHI'S 「POOL」

クール。なんとトラックメイカーは17歳らしい。いやんなっちゃうね、もう。音源楽しみだ。




スカート「スウィッチ」のPV

なんとファンの人が作ってくれたらしい。すごーい。素敵だ。澤部君だ、これは澤部君だわ。




モーニング娘。One・Two・Three

かっこいい。今だかってない薄顔センター鞘師を応援しよう。