青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

テニスコーツ×うつくしきひかりinキチム

吉祥寺でクラムボン原田郁子が経営しているキチムというフリースペースにてテニスコーツとうつくしきひかりのツーマンライブを観てきました。なんというオシャレなお洒落な組み合わせと場所でしょうか。女子力高過ぎるぜ!なぎ食堂のプレート(チキン南蛮風ソイミートの唐揚げ 豆腐タルタルソース!美味い)を頂きながら、ウィルキンソンの辛口ジンジャーエールを飲みながら開演を待つ。女子力高過ぎるぜ!

『ときのうた』と『うつくしきひかり』というアンビエンスポップの名盤を録音した西川文章がPAとして大阪から来京。あぁいう音響空間を初めて体験した。音圧でごまかすのでない職人のような音づくり。サウンドシステムとか、そもそもPAがどういう作業をしているのかをいまいち把握していない私には技術的な事はどうのこうの言えませんが、確かにあのキチムという場所ごと鳴っているような音でありました。そして、うつくしきひかりはキチムという空間の中の粒子を1つ1つ丁寧に掬いあげて、更に別の側面を立ち上げてくれるような、そんな音を鳴らしていた。MC.sirafu氏曰くうつくしきひかり流のロックという『木漏れ日のうた』は風景を変えてくれる歌。ピアノとスティールパンだけの演奏であるにも関わらず確かにあそこには跳ねるリズム隊が存在していた。そして、「夜」と「セカンドライン」の名曲っぷりよ。「針を落とす」では、突然ギターを持ったテニスコーツ植野氏がステージに現れ、演奏に加わる。すると観客の後ろのほうから歌声が、テニスコーツのさやさんだ。サラウンドで聞こえてくる音のぶつかり合いがたまらなく気持ちいい。4人でのBill Evansの「Waltz For Debby」のカバーも飛び出し、とてもいいムードで、終了いたしました。

そして、テニスコーツ。素晴らしかった。しかし、その素晴らしさを伝える言葉がどうにも出てこない。本当にライブレポートというのは途方に暮れるほど難しいものです。さやさんの歌の音の中を泳ぐような感覚をどう言葉にすればいいのだろうか。反町隆の「POISON」を原曲を知らぬままカバーしたのが多いに盛り上がっておりました。アンコールではうつくしきひかりの2人も登場し、カバーを数曲にテニスのナンバーをいくつか披露。実に贅沢な時間。シラフさんのコーラスが加わった「パパイヤ」がずーっと昔からあるようなクラシックナンバーに聞こえてきて涙腺を刺激された。ラストは、「バイババビンバ」と「ゆうびんやさん」を。テニスコーツって僕の中で神格化された存在なので、中川さんがあの「バイババビンバ」を歌っていたり、ソロ曲として歌い続けている「ゆうびんやさん」をさやさんとハモって歌っていたりする姿などには激しく興奮してしまいましたね。しかし、「ゆうびんやさん」は名曲だ。何度も貼っていますがどうぞ。





そして、その翌日にはなぎ食堂で西川文章×植野隆司×MC.sirafuによる『新しきムードミュージックの宴』なる演奏会に参加してみる。これまたどんな言葉でこの宴をレポートすればいいのかさっぱりである。植野さんのサックスやグラスハープを主旋律として(ビートルズとジョビンを弾いていたのはわかりましたが、他はオリジナルなのかカバーなのかわからじ)に、文章さんがギターやスクラッチ音(更には泡立て器まで)で添えて、シラフさんが(座った位置的に見えなかったから何を操っていたのかよくわからじ、レコードプレイヤーはあった)空間的広がりを出していた。前衛的なのにちゃんとエンターテイメントでもあったのでとても楽しめた。耳が喜んだ。しかし、片想い、ザ・なつやすみバンド、うつくしきひかりとであれだけの歌心を見せつけている人がああいうフリーキーな演奏をするっていうのは普通かなり驚きなわけですが、もう聞くこちらもそれを自然と受け入れてしまう広さがMC.sirafuにはありますね。ドローンにピアノを合わせたThe Caretakerみたいな音源とかも余裕で作れてしまうのではないかしら。聞いてみてぇ。この日もなぎの美味しいご飯を頂く。自家製ジンジャーエールが美味しくて今にもまた飲みたい。