青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

『表現×FALSETTOS×cero』@Super deluxe


『表現×FALSETTOS×cero』@六本木Super deluxeに行ってきました。六本木 Super deluxeはチェルフィッチュの『三月の5日間』で登場するライブハウスだそう。余談でした。出演者である3バンドはなんでも高校生の頃から親交があるそうで、その3バンドが再び一同に会した事への祝祭感に溢れておりました。また、その当時から彼らの写真を撮り続けている鈴木竜一郎氏の写真展示も併設、とかなりいいムードだったのですが、内輪ノリが微妙に肩身狭かったのも正直な所です。しかし、3バンドとも素晴らしい演奏だった。FALSETTOSは漫画のようなバンドで、女子校のクラスメイト4人が組んでせーので鳴らしたようなかっこよさがずっと持続してきているようでした。特にルーズなドラムとその間を埋めるキャッチーな鍵盤がいかしていた。ニューウェーブバンドだそうです。そして、表現。こちらもライブは初めて観ました。凄いですね。呆気にとられた。どうしたら日本、東京からこんなバンドが出てくるのだろうか。あの楽器のようなボーカリゼーションは音源で聞くよりライブのほうが面白かった。ラストにかけて、高城晶平、MC.sirafu、あだち麗三郎等の管楽器やFALSETTOSの合唱やダンスが加わっての大団円。これでライブが終わらないなんて嘘だろうという盛り上がりの後に登場するceroの心境や如何に。そのアンサーは、ここ何回かの私が観たceroの余裕溢れる優雅なライブとは違う、エネルギッシュで若々しいceroの登場でした。これには興奮させられた。この前日の長野りんご音楽祭では、渋滞に巻き込まれてしまい到着が遅れ、4曲しか演奏ができず不完全燃焼だったそう。その分もこの日に炸裂させるかのような強烈なヴァイブを放っていた。あんなにテンション高いceroの演奏は初めて観る。本当にかっこよかった。セットリストを並べてみれば、この日の攻めの姿勢がおわかり頂けるでしょうか。

マウンテン マウンテン
21世紀の日照りの都に雨が降る
入曽
スマイル
武蔵野クルーズエキゾチカ
exotic penguin night 
Contemporary Tokyo Cruise
クラウドナイン
(I found it)Back Beard
MY LOST CITY(新曲)

ceroに対して未だに喫茶ロック的なイメージを抱いていると怪我をします。くっそファンキー。そこに荒内君のシンセサイザーとシラフさんのトランペットやスティールパンが甘く絡んだりすると、もう!また、シラフさんの弾く鍵盤の黒さもグイグイあがる。カクバリズムの社長様はこの日のceroを「ノーウェーブつうかじゃがたらみたいな」と評していましたよ。とは言えメロディーや音色のスウィートさ、アーバンさも重要で、これだけの熱量をあくまでPOPSとして響かせるceroの才能に改めて感服なのだ。そして、アンコールで披露したのが新曲(粋ですね!)であり、来るべき2ndアルバムのタイトルチューンという「MY LOST CITY」だ。拍もメロディーも複雑なファンクチューン。かっこいいです。「ダンスを止めるな」というリフレイン、そして「MY LOST CITY」というタイトルから想起するに「風営法」や「震災以降」というタームを内包したアルバムになっているのではないだろうか。おそらく収録されるであろう「Contemporary Tokyo Cruise」や「クラウドナイン」らと組み合わさる事で、生活と地続きの反抗、革命の声が聞こえてきそうで楽しみである。反原発デモですら当たり前のように生活の一部に組み込んでしまう高城晶平という男をこれからも信頼しております。