青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

フジロッ久(仮)LIVE 『TOKO-NATSU'12-春-』

金曜日仕事後、ダッシュで新大久保アースダムへ。『TOKO-NATSU'12-春-』』のフジロッ久(仮)のライブを観に行く。新大久保アースダムは地図で見るととても簡単そうなのですが、あまりに気配を消した佇まいなので迷いに迷った。この日のライブについてはJET SETのライブレポートコーナーで書かせて頂きました。
http://www.jetsetrecords.net/live_report/tokyo/hiko1985/2012/05/2012518_earhdom_toko-natsu12--.php
WEEライブレポの締め切りをとっくに過ぎていたのでフジロッ久(仮)を観たらすぐ帰って眠りながら書いた。すぐと言っても新大久保で翔丸の塩ラーメン食べて、中野までフジロッ久(仮)のアルバムを聞きながら歩いて帰りました。最高の気分でした。そして、なんとか書き終えたのに凡ミスで全部消してしまい、泣きながら再度書きました。ブログならいくらでも書けますが、締め切りとかが発生すると途端に書けなくなるものです。何でもフジロッ久(仮)の1stアルバム『コワレル』はJET SETでの取扱を断れているそうです。

コワレル

コワレル

まぁ、確かにJET SETっぽくはないですよね。でも、でも、最近あの中原昌也がライブを観て賞賛したそうですよ!家帰っても気になって「はたらくおっさん」のPV100回観たって呟いていたよ!あらゆる場所に花束が!

素晴らしいバンドだと思う。この雑多な引用をまとめ上げる現代的センス。「日本の歌」を源流から引っ張り出してくるような!そして、社会からはみ出しながらも閉じ込めるのでなく反抗心。ヤング(aka乍東十四雄)の高梨さんがフジロッ久(仮)を「ロマンティックっていうのはこのバンドの事を言うんだと思います」と紹介していたのが気に言っている。十代暴動社の長州ちからさんは「フィッシュマンズの心を持ったハードコアバンド」と評したそうな。
「西尾久25時」

フジロッ久(仮)のロマンティックなメロディーと歪なダンスを信用してみようと思うのです。6/17(日)には東高円寺UFOクラブにて、なんとECD+ILLICIT TSUBOIとのツーマンが!フジロッ久(仮)の親殺し!これは必見でしょう。

6/17(日)東高円寺U.F.O.CLUB
フジロッ久(仮)/ ECD + illicit tsuboi
18時開場 19時開始
2300円(+1d) 100枚限定予約はU.F.O.CLUB 03-5306-0240 へ!