青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

GWの過ごし方

GWはよいですねぇ。3日は久しぶりにカラオケを7時間もやる。学生の頃は平気でオールナイトカラオケとかをやっていましたが、もう無理ですね。しかし、ceroとスカートがカラオケに入っていないなんて!住所不定無職は入っていたのでカラオケで聞いてみると、改めてその楽曲の構造や歌詞のはめ込み方の秀逸さに感心する。ゾンビーズ子ちゃんとユリナちゃんのコンビは凄い。

歌がとても上手な後輩がいて、連れて行ったのですが、彼の歌う宇多田ヒカルだのaikoだの槇原敬之だの平井堅だの秦基博だのに感動してしまう。ゲイではないらしい。白眉は「First Love」で、歌唱はもちろんの事、やっぱり楽曲の素晴らしさを痛感する。あのスケール感はなんだ。あれを宇多田は15歳で作り上げたという事を改めて新鮮に驚きたい。

カラオケで歌う猿岩石のいい曲。後輩に「SMAPっぽい曲ですね」と言われてハタと膝を打つ。




4日は早起きして、阿佐ヶ谷ラピュタのモーニングショーで加藤泰『骨までしゃぶる』を観る。初めて見る加藤泰がまさかの非チャンバラもの。遊郭もので、まぁ想像するオーソドックスな遊郭ものの悲劇の展開をなぞりながらも、ユーモラスに乾いていて、楽しい。ラストでは活劇的興奮も得られて満足して劇場を出る。女優さんが美しかった。モスバーガーでサウザン野菜バーガーを食べる。阿佐ヶ谷のモスは日が綺麗に入って気持ちよい。家で溜まっていた『めちゃ×2イケてるッ!』と『とんねるずのみなさんのおかげでした』観る。クイズ浜口優が少しだけ復活に感動。おかげでしたはさまぁ〜ず登場でとても楽しい。三村と大竹の家族ネタはずっと聞いていたくなるような心地よさ。再び自転車で中野〜高円寺〜野方ラインをぶらつく。牛肉ラーメンで人気を博しているという嵐風に向かってみるも営業していなかった。野方で高野P介さんがレコメンドしていた花道で味噌ラーメンを喰らう。美味しい。肉も炒めたもやしも美味い。ブックオフテネシー・ウィリアムズの『ガラスの動物園

ガラスの動物園 (新潮文庫)

ガラスの動物園 (新潮文庫)

を文庫で購入し読みながら、うさぎストライプの開演を待つ。チェーホフが面白く読めたので、テネシー・ウィリアムズとかソーントン・ワイルダーの戯曲も読んでいきたいのです。観劇後、影響を受けてひたすら相対性理論を聞く。『シンクロニシティーン』って楽曲が粒揃いでいいアルバムだなぁ。
シンクロニシティーン

シンクロニシティーン

うさぎストライプは役者がとにかく男女問わずかいわらしかった。

家でピート・ドクターの『モンスターズ・インク』を見直す。

モンスターズ・インク [DVD]

モンスターズ・インク [DVD]

観賞何回目かわからないくらい観ているけど、その度に感心、感動。悲鳴と笑いとか脅かすと脅かされるとか、あらゆるものが反転していく構造になっているのだけど、それが細部(例えば「報告書出しなさい」から「報告書出すんじゃないわよ」とか)にまで染みわたっているのが凄い。後、蝋燭の灯りに照らされて絵を書き眠くなるブーという画のために←停電させる、という脚本の作り方も映画的でよいなぁ。そして、私は何回目の観賞であろうと吹き替え版をチョイスしてしまうウーチャカ党でございます。前日譚という続編も期待だ!と今までなら100%の信頼を置いていたのですが『カーズ2』が微妙だったので心配です。




5日は自転車で板橋にあるアトリエセンティオを目指す。天気がよくて気持ちよい。途中、江古田でうどんを食べる。温玉牛すじうどんというのが実にうまそうで頼んでみるも、よく見てみたら温玉牛すじ丼だった。よくやる間違い。うどん食べられず、悔しい。アトリエセンティオは線路際のアパートの1階にありました。いかす。アパートの前の2匹は人に慣れた猫だった。触らせてくれました。観賞後、エメマンブラックを飲みながら池袋東武屋上へ赴き、スマイレージのフリーライブを観る。この間エビ中もライブをやった場所ですね。人がたくさんだったのでとりあえず音だけ聞く。マイクがボーカル拾えてないし、サウンドも風に流されているような感じでした。名曲「あすはデートなのに、今すぐ声が聞きたい

が聞けてうれしい。2期タンポポの正当後継者であった1期スマイレージ。奇跡的かわいさ。

「ドットビキニ」はサビ前のあの素晴らしい高揚感から極上のメロディーを期待してしまうのに、「ココ☆ナツ」の二番煎じというかヒャダイン症候群で終わってしまうのが寂しい。わざわざビキニにまでなったのに!(驚異的なエロくなさ!)つんく♂先生なら書けるはずなのだ。ライブは隣のフロアで開催中の北海道展で海鮮弁当とかホタテのさつま揚げとかかぼちゃプリンなどを購入して帰宅。最近こういう催しに滅法弱いのです。GWもラスト1日です!




片想いの7インチアナログシングル『踊る理由』のカップリング曲「センチメンタル☆ジントーヨー」のPVが制作されたようです。

ロケ地の阿佐ヶ谷住宅地とぎこちないオラリーさんがよいですね。片想いのライバルはAKB!本当のライバルである乃木坂46のニューシングル『おいでシャンプー』結構よい。本家よりサウンドプロダクションが柔らかめなのがいいですね。

Yahooニュース見ていると必ず横でPVが流れていてさすがに気になってしまった。お金の力は凄い。そして生駒さんかわいい。