青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

シャムキャッツ ワンマンライブin渋谷o-nest

渋谷o-nestでのシャムキャッツのワンマンライブの感想を書いていなかった。かっこよかった、その一言だ。



「GET BACK」とか「アメリカ」とか「落ち着かないのさ」とか、まぁ所謂代表曲の演奏をライブで聞くとシャムキャッツの4人にしか出せない音というのがこの世に存在する事を知る。フロントマンの夏目知幸の歌って彼独特の天才的なリズムがあると思うのだけど、それをしっかりと身体的に理解し、より魅力的に鳴らそうとするバンドの演奏がかっこいいし、泣ける。代替不能である事。この4人でなくてはいけないのだ、みたいな漫画『BECK』的な価値観って今ちょっとかっこ悪くなってしまったのかもしれないのだけど、シャムキャッツはもう1度そこに輝きをもたらせてくれるロックバンドなのだ!ビートルズみたいになりたく音楽を始めた夏目知幸が最高にかっこいいバンドを組んで放つ「どう?バンドってかっこいいでしょ?」というサジェスチョンは、これからの世代にとても強く効いてくるのではないだろうか。

くどうあずささんの撮られたこの写真の4人とかほんと「これから何をしようが勝手だよ」という感じで素晴らしい。



来場者特典として配られたメンバーによる全音源解説ブックがとても楽しい。あれを読むと音源を聞きたくなってしまい、聞くとまた読みたくなってしまうループから抜け出せない幸せ。「渚」のシングルの特別感というのをメンバー側から見る事ができてドキドキします。改めて素晴らしいシングルだった。


cero本秀康も昆虫キッズの100%ORANGEも最高だったけど、やっぱりこの小田島等のジャケットであの音をあのタイミングでリリースされる宝物感は特別だったように思う。若者的音楽最高峰。パブリックイメージのコントロール力も抜群だなぁ、と感心してしまうのです。メンバーそれぞれが選ぶ「シャムキャッツの5曲」もおもしろい。「本当にシャムキャッツの楽曲好きなんだなぁ」というのが伝わってくる菅原メンバーの文章よいですなぁ。5曲・・・選べない、絞れない。ベタベタですが、やっぱり「渚」「アメリカ」「サマーハイ」ははずせないし、「落ち着かなさいのさ」「GET BACK」「BOYS DON’T CRY」に「気をつけて」と「INTERLUDE」と「チャイナは桃色」でしょー、それにライブでやらないけど「今日子ちゃんのうた」と「BALLADE NOT SUITED」!パッと思いつくだけで11曲もある。まぁ、とにかく大好き、シャムキャッツ!ということで。