青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

ここ最近のこと

ブログはちょっと何日か書かないと書きあぐねてきますね。駆け足でふりかえります!先週の木曜日、渋谷o-nestでのCRJのイベントに行ってきました。スカートのライブがとってもかっこよかったのでJETSETのライブレポートに書かせて頂きました。
http://www.jetsetrecords.net/live_report/tokyo/hiko1985/2012/04/2012419_o-nest_crj-tokyo_presents_sound_surfin_vol29.php
いや、ほんとに佐藤優介(fromカメラ=万年筆)の鍵盤が加わったスカートは最高にかっこよかった。ライブバンドとしてのスカートの魅力がもっと広まっていって欲しいなー

この動画に映り込む、ステージ脇に座ってニコニコとスカートの演奏を眺めるNRQ二胡吉田さんのかわいさも必見です。この日はNRQも出演しておりまして、これまた大変かっこのよろしい演奏でありました。この日は他にもJu sei、よしむらひらく、うみのてと、東京インディーの中から美味しい所を幅広くブッキングしておりました。これを大学生が企画、運営しているのかぁ、と本当に感心してしまいます。僕は大学生の時とかHARCOなどを嬉々として聞くユルフワボーイでしたからね。当時のサウンドトラックはthe ARROWSHARCO曽我部恵一だったようです。当時のmixi日記を読み返してみるとその浅はかさに顔から火が出そうになるのですが、いや、ほんと景気もギリギリ悪くなかったし、ユルユルした時を過ごしていたんだなぁ。




聞いたもの、観たものをメモ。柴田聡子のCD-R2枚とあだち麗三郎プロデュースの野田薫『あの日のうた』、さくら学院のアルバムなどをよく聞いている。


家でトリュフォー『家庭』とホークス『ヒズ・ガール・フライデー』とバカリズム『SPORTS』をレンタルして観る。どれもおもしろい。

バカリズムライブ「SPORTS」 [DVD]

バカリズムライブ「SPORTS」 [DVD]

バカリズムはライブはクオリティが落ちなくて凄い。福山雅治が一般人と入れ替わってしまう「CHANGE」というネタが秀逸。「俺ぜよ〜福山ぜよ〜」にゲラゲラ笑った。『銀の匙』は3巻もなかなかおもしろかった。チェーホフの『桜の園』が思っていた以上に面白く読めて、チェルフィッチュが楽しみになった。しかし、平日に予約してしまったので間に合わないのではないかと不安。今週はGWまでライブに演劇に映画に駆け巡りますよ!先週はKAIKOOにトイロックに東京ボアダムズに全部見逃しましたからね!トイロックのカタオモロ、ホライズン山下宅配便、京都の廃校の職員室で演奏したうつくしきひかり、新潟の月岡温泉の旅館で演奏したという片想いとcero、とどれとってもよかったらしい。確かに全部スペシャルな感じでよさそうだ。気づいたら5月のrojiでの片想いワンマンは売り切れているし、まいっちゃうぜ。もっとアンテナを磨かねばならぬようです。



安物のイヤフォンが断線したので、また安物のイヤフォンを購入。ネットで実に評判のいいPHILIPSのSHE9700にしました。ビックカメラとかヤマダを見てみたら在庫を切らしていたのでamazonで調べてみたら、アウトレット品なら1880円くらいで買えます。

【アウトレット】 フィリップス カナル型イヤホン SHE9700-A

【アウトレット】 フィリップス カナル型イヤホン SHE9700-A

まず、いかに音質がいいのか、という記事をしこたま読み脳をコントロールする。そして、エッジングなど本格的な行為をして悦に浸ってみれば、もうこれは一万円代のヘッドフォンのようじゃないか!となります。プラシボは大事。なんせ安いし、これからしばらくはずっとこれにしよう。





ディズニーランド、シーに2日続けて行ってきました。これは初めての試みでして、本当に身体がクタクタでビックリしております。あの松本人志もお気に入りという「プーさんのハニーハント」に今さらながら初めて乗ったんですが、素晴らしいですね!ほんとに!序盤の風船で浮かぶプーさんの縦横無尽なユルフワ移動も楽しいし、後半の去年の傑作『映画くまのプーさん』(これ本当に好き!)

くまのプーさん [DVD]

くまのプーさん [DVD]

のハチミツ禁断症状におけるサイケデリック描写を体感できるゾーンなんて最高だ。相当にドラッギーでした。「ピーターパン空の旅」にも改めて感動してしまった。ジオラマを小さく作る事で距離感を増幅させる、という物凄くアナログな手法なんだけど、船に乗って街の夜景を見下ろせるあの感じは本当にマジカル。「イッツ・ア・スモールワールド」はやっぱり素晴らしい。あの歌ってなんか民謡とかかと思っていたのですが、ディズニーのオリジナルなんですね。ラスト、一斉に子供たちが円を描く運動にちょっと涙腺が潤む。「キャプテンEO」も10何年ぶりかに見た。当時は全くピンときませんでしたが、ジョージ・ルーカスフランシス・フォード・コッポラマイケル・ジャクソンと組んでディズニー資本で作ったって凄いよなぁ。あの人種差別企業ディズニーが黒人を主演に起用したわけですから、当時のマイケルの勢いが伺えますよね。「カリブの海賊」と「スターツアーズ」が運行してなかったけど、「スペースマウンテン」にも2回乗れたしあたしゃ満足です。ディズニーシーでの光と水と火のエンターテイメントショー「ファンタズミック!」は2回目なのですが、やっぱり本当に凄い。

ディズニーランドなんか興味ないぜ、って人にもこれはぜひ観て欲しい。僕も相当ディズニーランドとか疎いほうなのですが、初めて観た時あまりに感激して、これは現代技術を駆使したエンターテイメントの最高傑作じゃなかろうか!とのたうち回ったほどです。総工費30億円と聞いて驚く。数千億円くらいはかかっていると思っていましたもん。なんというかそれくらいに夢が具現化されているのですね。『白雪姫』も『シンデレラ』も『ピノキオ』も『リトル・マーメイド』も『アラジン』も『ライオンキング』も『美女と野獣』もディズニー作品全てはミッキーマウスの頭の中の出来事、つまりディズニーのイマジネーションの賜物なのだ!という気概にも痺れる。いや、しかしやはりあの歴代プリンセス達のダンス&キスシーンの連続にはウットリしてしまいますね。しかし、2日間も行くと本当にシンドロームから抜け出せず。月曜日会社に行くのがとっても大変でした。