青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

平賀さち枝『23歳』

平賀さち枝の2枚目の音源『23歳』が発売された。

23歳

23歳

ベースに田中馨(ex.SAKEROCKショピン)、ドラムに内田武瑠(ex.BURGER NUDSショピン)、ピアノに野村卓史(グッドラックヘイワ)という、控え目かつ的確にセンスのいいバンドサウンドを得た平賀さち枝は、そのちょっとややこしそうな自意識と絶妙なルックスでもって女性版星野源のポジションを獲得したと言っていいのではないか。ジャケット写真撮影はあの川島小鳥(『BABY BABY』『未来ちゃん』)という鉄壁っぷりである。ちょっとひくぜ!とは言え、今作のキャッチーさには素直に感動し、フォークリバイバルを起点としたポップスとしての現代の歌モノの着地点は星野源と彼女に託された!という気分です。




さっちゃん

さっちゃん

前作『さっちゃん』は言葉とメロディーのつかまえる事のできない浮遊感と彼女の「少女性」との親和性が印象的な1枚だった。今作はタイトルが年齢である事からも伺えるが、その自身の「少女性」=過去との折り合いを付ける音源のように思える。『さっちゃん』がフワフワと上昇していくようなイメージだったするならば、今作にはバンドサウンドの緩急に乗って、過去、現在を縦横無尽に浮いたり沈んだりするマジカルさが加わっている。「いつまでも思い出すわ ハロー&グッドバイ」てな感じで、シャツの色、石鹸の匂い、コーラの味、風の感触から、五感をめいっぱい駆使して過去の記憶を拾い集める。しかし、冒頭の「今は帰らない」では

新しいことに胸ははずむけど うまくいかない 最初の扉
振り向かないわ もう 決めたの

と、過去との決別を表明していたりする23歳のアンビバレンツ。とは言え、彼女は過去との折り合いの付け方を獲得しているように思う。彼女はかつての輝かしい今を光と捉えている。

輝きは 早いスピードで消えていく のがしたくはないよ

いつかは離ればなれ
いずれいつかは消える 眩しい光に 一人でかけていく

叶わぬ夢が いまだ心の中に 
それでも こんなに光が 輝いて 輝いて

このミニアルバムで描かれる光の描写には、それらが消えゆくものだという諦観とそれでもなおそれを留めようとする強い意志に満ちている。最終曲「パレード」(パレードというとどうしてもシュガーベイブポンキッキーズなわけで、平賀さち枝の最終目標はやっぱり山下達郎とか荒井由美の高みなのでしょうね)ではこう歌われる。

まぶたを閉じれば パレードが続く
くらくらするほど 光かがやくよ
いつでも目を閉じれば

過ぎ去っていってしまったものも、留めておけばいつでもその光に触れる事ができる。だから彼女は歌う事で自在に過去に遡り、思い出を拾い集めてはそれを糧に前に進む。それが永遠に少女でいれる秘密なのである。