青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

坂戸佐兵衛/旅井とり『めしばな刑事タチバナ』

坂戸佐兵衛/旅井とり『めしばな刑事タチバナ』にすっかりはまっている。

めしばな刑事タチバナ 1 [立ち食いそば大論争] (トクマコミックス)

めしばな刑事タチバナ 1 [立ち食いそば大論争] (トクマコミックス)

めしばな刑事タチバナ 2 [牛丼サミット再び] (トクマコミックス)

めしばな刑事タチバナ 2 [牛丼サミット再び] (トクマコミックス)

めしばな刑事タチバナ 3 [カップ焼きそば選手権] (トクマコミックス)

めしばな刑事タチバナ 3 [カップ焼きそば選手権] (トクマコミックス)

めしばな刑事タチバナ 4 [アイス捜査網] (トクマコミックス)

めしばな刑事タチバナ 4 [アイス捜査網] (トクマコミックス)

昨年じわじわ話題を集めて、気づけば「このマンガが凄い!2012」を9位を受賞、他にも「週プレマンガデミー2011」1位、「ブロスコミックアワード2011グルメマンガ部門」1位と漫画誌でない『週間アサヒ芸能』連載とは思えぬ快進撃を続けている作品です。とは言え、おもしろそうだけど買うまではないとだろうと思っていました。いや、ほら『美味んぼ』とか『クッキングパパ』とか面白いけど単行本は買わないじゃないですか。しかし、マン喫で1巻を試し読みしてみたらあまりにおもしろいのしグッときてしまったので4冊大人買い


孤独のグルメ』『花のズボラ飯』と久住昌之の一人勝ちの昨今グルメマンガ界において最強の対抗馬の登場だ。作中で取り上げられるのは、カップ焼きそば、立ち喰いそば、牛丼、ケンタッキー、スタンドカレー屋、天下一品、はなまるうどん、ランチパック、袋ラーメン、缶詰、すた丼、餃子の王将、コンビニアイスetc・・・つまりB級、いやC級、D級グルメ。しかし、それらを軽々しく扱うでなく、とにかく愛でもって拾い上げるのだ。

「お前さんやるじゃないの」



とにかく身近な食べ物を取り上げているので、読んでいる内に「食べてー」となっても30分以内にありつけるのも魅力。飛び出してくるトリビアもいちいち楽しくて読んだ次の日人に披露したくなる事間違いなし。

ファーストフードチェーン店の情報、歴史も知れて楽しい。テレ朝の『シルシルミシル』的とも言えますね。とにかくしっかりとした取材に基づいた知識が乱れ飛びます。例えば、天下一品であれば、「濃い」と言えば水道橋店とかスープセットがあるのは高円寺店と水道橋店と神楽坂店だ、とか。『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の100巻前後を彷彿させる情報量。こち亀の100巻前後って当時は作者のオナニーとか言って評判悪かったけど、今思うと結構おもしろかったような気がします。


ディティール語りも対話構成で秀逸。警察署の面々がワイワイとくだらない飯話で盛り上がっている様子が男心をくすぐります。いつも対立する課長もいいキャラです。

しかし、やはり主役はタチバナ刑事。パンチライン製造機であります。




彼の食への語り口はですね、もう池波正太郎のグルメ本でのそれの域だな、と思ってしまいますよ、ほんとに。



この漫画を読むと本当にコンビニとか駅前の見慣れたチェーン店の軒並みが光輝いて見えてくる。いつもの生活の周りにゴロゴロと転がっているのに気づけていなかった素敵なものへ辿り着かせてくれるマジカルなグルメ漫画であります。