青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

近藤キネオ『なんなら君と遠くまで』


私立恵比寿中学の現国担当である近藤キネオが監督を務めた自主映画『なんなら君と遠くまで』を観た。岩井俊二に傾倒したような照明の陽光表現はご愛嬌だが、ドアを開ける、廊下を走る、階段を降りる、パンを食べる、寝そべる、立ち上がる・・・少女達がの今”をカメラに収める事で、限定された期間にのみ立ち上がる少女達の表情を的確につかまえていた。『けいおん!』さながらにまず足で演技をさせているのもいい。「避難勧告」「誰もいない校舎」といったアクチャルで不穏なテーマが展開されるのかと思いきや、そちらには舵を取らない。校舎にちりばめられた「それまで」を拾い集め、次に進もうとする希望のフィーリングに満ちたフィルムだった。教室の窓の向こうからは美しい光が差し込んでおり、少女達がこれから外の世界に飛び出して行く事を祝福しているよう。