青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

今井哲也『ぼくらのよあけ』

今井哲也『ぼくらのよあけ』

ぼくらのよあけ(1) (アフタヌーンKC)

ぼくらのよあけ(1) (アフタヌーンKC)

ぼくらのよあけ(2) (アフタヌーンKC)

ぼくらのよあけ(2) (アフタヌーンKC)

噂に違わぬ傑作であります。もちろん漫画読みの方々からは惜しみない賞賛を送られている本作ですが、これはもっともっと大きく取り上げられて話題になるべき作品ではないでしょうか。
舞台は2038年夏。手の届く未来。テクノロジーは格段に進化し人工知能を搭載した手伝いロボットやあらゆるものがデジタル化しながらも、阿佐ヶ谷住宅地(東京の杉並区に実在します)がまだ現存している、という折衷のセンスがまずにくたらしいほどに素晴らしい。絵は今どきのアニメ経由したキャラクターヴィジュアルで線も細く、若干抵抗があるかもしれないが、よく見てみると絵の構図、コマ割りなど抜群に上手い人なのだとわかる。団地という魅力的な空間を存分にいかす作画がなされている。
団地の屋上を主軸においた世代を超えた反覆と反射で織りなされる点、日常の中で非日常が浸食していく点など、とにかく話の構成も素晴らしいのだが、煽るような文句で言えば、永遠に終わる事のない僕らの『ドラえもん』に終止符を打ってくれる、そんな作品だと思う。のび太ドラえもんの別れ、そして交わすであろう約束が描かれている。*1

未知なるものと出会うこと 外の世界を知ること そうして出会ったみずからと隔絶した他者を どれだけ自分の中に受け入れることができるか ということ

という台詞は『ドラえもん』いや全てのジュブナイル通奏低音であり、成長することの真理である。




阿佐ヶ谷住宅地のシンボルとも言える給水塔を見上げるシーン

ラストの打ち上がる宇宙船を見上げるシーン

スピルバーグの『未知と遭遇』(に限らずほぼ全作)でも宮崎駿の『崖の上のポニョ』でもいいのだけど、とにかくセンス・オブ・ワンダーや憧憬は見上げる事で描かれなくてはならない、という事を今井哲也は知っている作家だ。そして、打ち上がった宇宙船から水が飛び散る。これはスピルバーグとエイブラムスの『SUPER8』とのシンクロであり、当然そこには涙が託されている。映画的な作家だ。大林宣彦(『尾道3部作』『水の旅人 侍KIDS』)、平田秀行(『学校の怪談2』)、金子修介(『平成ガメラシリーズ』『学校の怪談3』などかつて傑作ジュブナイル映画を撮った監督たちがこぞって権利を争奪すべき作品だと思う。しかし、リアルな話をすれば実写化するのであれば山崎貴(『ジュブナイル』『SPACE BATTLESHIP ヤマト』)あたりが撮りそうで怖い。しかし、今井哲也の秀逸な空間把握能力とカット割りを活かし、更にはじけるジュブナイル要素をフィルムに焼きつける事ができる監督は堀禎一(『魔法処女を忘れない』『妄想少女オタク系』)ではないかと思っております。ぜひ!

*1:事実、『ぼくらのよあけ』は都市伝説として広まった『ドラえもん』最終回の構造を踏襲している。余談だが、ここまで優秀なジュブナイルSFを読んでしまうと、本来その最高峰に君臨していなければならないドラえもん大長編シリーズは、やはり外部からの招聘が必要なのではないか、という思いも強くなってしまう。