青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

MESKAOSKA LIVE in ミュージックオルグ

黒沼英之のユニットMESKAOSKAのライブを南池袋ミュージックオルグで見る。キーボードとmabanuaのドラム(+プログラミング)のデュオ。mabanuaという方を恥ずかしながら存じ上げなかったのですが、調べてみると

全ての楽器を自ら演奏し、それらの音をドラマーならではのフィジカルなビートセンスでサンプリングし再構築、Hip-Hopのフィルターを通しながらもジャンルに捉われない音創りが世界中から絶賛される。Youtubeにアップした「全て1人で完結するTrackmaking映像」や「ノンストップでDrumを叩き続け歌うLIVEパフォーマンス」には世界中から絶賛のコメントが入り続ける。


更にはヒップホップに疎い私でも驚いてしまう、Jurassic5のAKIL THE MCやのArrested Developmentの Eshe、Kev Brownといった世界的ビックネームのコラボも行っているそうです。昨年Charaとガップリ組んで制作したアルバム「DARK CANDY」

Dark Candy

Dark Candy


に感銘を受けた黒沼英之の希望で実現したコラボレーションだそう。なんでも後に発覚したそうだが、2人は同じ中学高校の先輩後輩だったらしい。そんな事ってあるものなのですね。
mabanuaはシンガーとのプレイを心得ている。彼自身もまたシンガーであるからこそなのか、独特に歌に絡みつく、更に言えば一緒に歌うドラミング。素晴らしかった。天性のシンガーである事は疑いはないが、ややもすればナイーブ過ぎる感性という見方もされかねない黒沼英之の歌を跳ねさせて外に開かせる作業。

あいまいなものがすべてあいまいなままでいいように

と言って歌われた「Delicate」は普遍的な祈りにとして昇華されていた。


今回のライブのような編成でいくとオルタナティブな歌モノとして音楽好きに愛されるだろうし、作り込んだオケで歌うのであれば所謂J-POPと呼ばれるフィールドで戦えるポテンシャルもあるわけで、どっちに転ばせるのか見守りたい次第であります。