青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

『TNBとNRQ』inミュージックオルグ

池袋ミュージックオルグでのTNB(ザ・なつやすみバンド)とNRQのツーマンが本当に楽しくて幸せでした。オルグにはステージがなくて目の前で演奏を浴びるというのはこういう事か!というライブハウスだ。手を伸ばすでもなく触れられそうな距離でNRQの演奏を聴く贅沢。いやはや、「NRQのライブというのは世界で1番かっこいいよね!」と臆面もなく終演後マクドナルドでのたまえるほどによかった。ギター、コントラバス、ニ胡の12弦+MC.sirafuの管楽器とスティールパンがせーので鳴って1曲目からしっかりグルーヴするなんてあり得る事なのか!やっぱり真ん中に構える中尾勘ニさんのジャストすぎるドラムがその秘密なのかしら。タイトなナンバーも最高にかっこいんだけど、中尾さんがドラムから管楽器に持ち変えるスローナンバーは時空が歪むようで、またいい。

バンドのグルーヴの緩急が時間軸を、座標軸を自在に行き来するよう。それを聞く私たちも色々な物を見てきたような気持ちになる。濃密な体験。しかし、吉田さんのニ胡は凄いな。知らないはずの大陸的な記憶に浸ってノスタルジーにもなっちゃったりするし、知らないはずの未来も見える、気がする。



NRQの後にザ・なつやすみバンドという順番もよかった。「そっちのほうがおもしろいでしょ」というシラフさんはかっちょいい。1曲目の「パラード」からNRQとはまた違うバンドのかっこよさで会場を魅了してくれた。大きく開かれたバンドでうれしくなる。ドカドカとドラムのみずきちゃんがバンドの未来を切り開きます。多彩なフレーズで楽しませてくれるんだけどあれは誰が考えているのかしら。そして、この日はベースの音が大きくていつもよりじっくり聞けました。派手に動いたりはしないけど歌とピアノを支える優しい音です。気づいたらギターヒーロー牧野さんと「また明日Journey」「世界の車窓から」を演奏したり、ニ胡吉田さんと「自転車」を披露したり、もうビックリですよ。ウルっときた。この日は「お誕生日会」がハイライトだった。

しかし、こんなにも初見のお客さんがいるのにまさか超名曲「かなしみは僕を越えて」と「君に添えて」をやらないの!?とんがってるぜ!と思ったらアンコールで「かなしみ〜」をやってくれたので満足です。Twitterで感想を拾っていたら褒め言葉として「楽しそうだけど芯は醒めている」みたいなニュアンスの感想を見かけた。土井玄臣さんも中川さんの歌の美しさは諦念って言っていたしね。毎日が夏休みならいいのに!って言ってザ・なつやすみバンドを組んだのに初期の代表曲は「なつやすみ(終)」だし。でも、最近のザ・なつやすみバンドを聞いていると、この世の中をなんにも諦めてないなぁって思う。

知らない君のこともいとしいと思うのは変かな?
かなしみは 夜を越えて距離を飛び越えていくよ
しあわせは ときに小さく涙切り裂いていくよ
言えない言葉は、雨に流されないように
歌う、絵を描く、抱きしめる、なんでもいいよ

これから起こる全てに期待してやる。それにあれですよ、中川さんは森ガールみたいで玄米とルイボスティーしか口にしなそうですけど、お酒にも強いし野心も強い、朝起きてすぐに「二郎が食べたい」とかツイートできる人でもあるんですよ!アンビバレンス。そういう人のがやっぱり強い。待望の音源は6月頃を予定しているそうです。



終演後の、中川さん、みずきちゃんのチョコ&服部さんのゴボウの佃煮(!)争奪戦ジャンケンは1発で敗戦した。悔しい。NRQの牧野さんにご挨拶させて頂きました。柔らかい物腰で毒もたまに吐く、プレイ同様にセクシーな方でした。以前、ライブ出番前にメンバーや関係者が戯れている中(中尾さんはベンチで座ったまま寝てました)、「あ、練習したいんでちょっと失礼します」と群れから離れていく姿をたまたま見かけて「ストイックですっげーかっこいい!」と興奮したので、それ以来、心の中でギターヒーローって呼んでおります。