青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

シャムキャッツ『GUM』レコ発ライブ@渋谷O-nest

シャムキャッツ『GUM』レコ発ライブ@渋谷O-nestに行ってきた。ライブ会場限定でスタジオライブ盤「We were dinosaur in 2012」

19曲入り1000円!を購入。ライブでなかなか日の目を見ない大好きな「DEMO SINGLE SERIES 2」からも結構収録されていてうれしい。「BALLADE NOT SUITED」はまじで名曲だ。後、「変な帽子」と「シムシティ」もうれしい。後、肉まんも購入200円。溢れんばかりの肉汁でおいしゅうございました。




シャムキャッツのライブはいつでも安心のかっこよさなんだけど、やっぱりこの日も素晴らしかったのです。このライブを見る前にタワレコで「インディーズ・イシュー」の2011年を振り返る座談会、みたいのを立ち読みしてたわけですよ。そこにですね、「シャムキャッツはあの音楽性なのに演奏がうまくてつまらない」とありまして。いやーあれだけの個性的な演奏者4人を捕まえて「うまいからつまらない」とかが先に出てきちゃうのかぁ、とガッカリしたわけです。ドラムの藤村頼正のライブでのグルーヴを聴いたことあるのだろうか。彼って俺らのキース・ムーンだぜ、まじで。それに絡むベースの大塚智之がピースの又吉に似てる事をちゃんとライブで確認したのでしょうか!!いや、ほんとプレイも素晴らしいです。「アメリカ」でのベースラインとか本当もう鼻血でます。そして、菅原慎一と夏目知幸のギターの絡みの官能を聞いた事があるのだろうか。夏目の歌のリズム、節回し、言葉のチョイスを!!
しかも「インディーズ・イシュー」は「スカートは評価されすぎ」と理由も述べる事なく叩くは、レビューでは今更昆虫キッズの歌のピッチだのについて言及している始末で。まじでもう老いぼれには引退願って若者の音楽は若者が語らねばいけぬのではないか!という思いを強くしました。*1そもそも僕は高橋翔の歌の下手さが気になった事なんて1回もないけどね。売れる売れないはまた別の話で、昆虫キッズの要はあの歌と言葉だと思ってます。後、昆虫キッズがやたらオルグに出ている、という記述があまりますがそんなに出てないですよ。で、ですよ、じゃあ「インディーズ・イシュー」は何を推しているのよ!?と思ったら1位がN'夙川BOYSだそうで。andymoriの「革命」はエジプト革命とリンクしていているのがパワーがあってよいらしい。後、踊ってばかりの国の震災後の表現がいいらしい。そうなのか。ならば、僕は

僕らは愛を片隅で抱いていようかなと思っているところ

と歌うシャムキャッツを「これが俺らの歌だ!」と叫ぼうかと思っているところ。

GUM

GUM




あ、でも「インディーズ・イシュー」には素晴らしい土井玄臣のインタビューが載っているので必読ですよ。ECD坂本慎太郎も載ってるしね!土井さんの表現の核が垣間見れます。特に

人前に立って歌わなアカン事があるっていうのが、その前提が、恥ずかしいです

という発言には、あぁ信頼できる歌い手だなぁ、と胸打たれた。




超とっちらかった内容になってしまったぜ!そういえば、この日のライブにはNRQの二胡の吉田さんも2曲参加。「NRQと片想いのライブが3月にあるので終演後声かけてくれれば予約入れときまーす」っておっしゃってたんですが、ライブ会場で吉田さん探すのウォーリーを探せばりに難しい!と絶望してましたが出口付近にいたのですぐ見つかりました、よかった。ヴェルヴェッツアンダーグランド&ニコ吉田、ってかわいいですよね!

*1:言い過ぎました。紙媒体として出し続ける気概は尊敬しております。