青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

最近観たもの、観たいもの

映画鑑賞欲がムクムク沸いてきたので、やっと家でのDVD鑑賞も再開。


大森立嗣「まほろ駅前多田便利軒」

まほろ駅前多田便利軒 スタンダード・エディション [DVD]

まほろ駅前多田便利軒 スタンダード・エディション [DVD]

2011年のベスト3に入れるくらい好きな作品。この映画が雰囲気俳優2人によるオシャレオフビート作品、といった見方しかされていないのが実に悔しい。
http://d.hatena.ne.jp/hiko1985/20110430/p1
ここでも書いているのだけど、この映画は「循環」の物語である。そして、その循環が断ち切られそうになるのを必死に繋ぐ多田(瑛太)と行天(松田龍平)の運動の物語。「まほろ」という街は人が出て行って戻ってくる街。序盤の瑛太がいくら着替えても着ているパーカーのフード、バス、そして吸って吐いて吸う循環の運動である喫煙が執拗に画面に映りこむ事が何よりの証明であろう。瑛太と松田龍平がただの雰囲気イケメンでなく、確かな実力を持った俳優である事もこの作品によって確信にいたる。話が詰め込まれている割に緩ませない見事なジャンプ編集、ナイトシーンでの照明の見事さ、美しい光と影も堪能しよう。DVDで観てもやはりの傑作。






堀禎一魔法少女を忘れない」

魔法少女を忘れない [DVD]

魔法少女を忘れない [DVD]

こちらも2011年のベストの1本に選んだ作品。堀禎一ライトノベルを見事なまでに映画に仕上げる手腕は「憐 Ren」「妄想少女オタク系」でも証明済みですが、今回も傑作。これはぜひ劇場で見て欲しかったけれども、まさかの池袋単館上映だったんですよね。







ジョニー・トー「MAD探偵」

MAD探偵 7人の容疑者 [DVD]

MAD探偵 7人の容疑者 [DVD]

DVDにて初鑑賞。震えるほどおもしろかった。北野武黒沢清らの90年代諸作の狂気をブラッシュアップしたような。MADでありながらも超絶スタイリッシュな画面。ジョニー・トーは傑作しか撮らないのか。







3連休の始まりにウキウキが止まりません。学生時代の友人らと成田山へ。友人の1歳の息子に初対面したのだがかわいすぎてうらやましい。息子もありだな。成田山は鰻屋がやたら多いので、うな重をいただく。そういえば、原田芳雄が鰻を欲する姿が異様なまでにセクシーな「ツィゴイネルワイゼン」をはじめとする「陽炎座」「夢二」の鈴木清順の浪漫三部作ニュープリント版がユーロスペースで1月中旬が上映される。

夢二 デラックス版 [DVD]

夢二 デラックス版 [DVD]

これは必見。今、鈴木清順の映画は非常に強烈に効くのではなかろうか。
http://www.littlemore.co.jp/seijun/





そういえば、筒井武文「孤独な惑星」の上映後アフタートークでは瀬田なつきも登場。瀬田なつきキュートなり。染谷将太を再び起用した「5 windows」を見逃したのが昨年の映画関連最大の後悔だ。